競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【アンタレスステークス2017】予想考察。先行有利な舞台。

アンタレスステークス2017予想考察です。

阪神ダート1800mで行われるGⅢアンタレスステークス2017。今年はグレンツェント・アスカノロマン・ミツバ・モンドクラッセらが出走を予定しています。

過去にはアウォーディ・ホッコータルマエ・ゴルトブリッツらが制した出世レースともなるアンタレスステークスですが、ここを制して今年飛躍していくのはどの馬になるか。注目の重賞ですね。

早速考察に入ります。

先行馬に有利な舞台。スピードの要求値が高い。

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。

パッと見て先行勢が有利な事がまずわかります。

阪神ダート1800m自体が逃げ先行馬が残りやすいコースではありますが、過去5年の傾向を見ても4角5番手までにつけた馬で3着内15頭の内の10頭を占めています。

4角後方から届いているのは3頭ほどいますが、この年のレースは前傾ラップで、差しが届きやすい流れ。その流れでも3着に食い込むことが精いっぱいであり、やはり基本的には前目につけられる馬からとなりそうです。

前走レース

前走重賞組がメインとなりますね。ただ、マーチステークス組は連対率3.2%複勝率6.5%と割引です。

前走GⅡ以上なら着順不問ですが、GⅢなら連対実績がほしいところ。仁川ステークスから2頭勝ち馬が出ていますが、両馬ともに勝っての参戦でした。昨年のサージェントバッチは前走オープンで大敗していましたが、当日は5番人気に支持されていました。

昇級組は全滅しており、古馬ダート路線の壁が厚い事を示していますね。

血統

バリバリのダート馬っぽい血統とは言えない馬が多いですね。芝でも走れそうな血統が目立つように思います。好走馬の年齢を見ても4~5歳馬が2/3近くを占めており、スピードの要求値が高いという事だと思います。

ミスプロの血を持つ馬も良いですね。あまりキレないサンデーにミスプロをつけた馬が良さそうです。キングマンボも要注目です。

アンタレスステークス2017好走注目馬は?

今年は抜けた馬がはっきりとはいないのでやや混戦だと思います。前走重賞で連対している馬もわずかに2頭のみ。ホッコータルマエのような絶対的な王者が不在で、混沌としているダート中距離路線をまさに表してるようにも思います。

その中でも今年一気に飛躍して中距離路線の中心となりそうな馬が出走予定です。余程の事がない限り本命はこの馬にすると思いますので、まずはこの馬を挙げます。

人気ブログランキングB

この馬は未勝利時代から追いかけて買い続けている馬なのでちょっと愛着もあるのですが、この世代のダート中距離馬としては最上位クラスとして良いでしょう。

前走東海ステークスはやや遅めのラップとなり内々の先行馬と脚を溜めた馬が有利な展開でしたが、中団からしっかりと差し切る強い内容。スピードもあるのでフェブラリーステークスでも好勝負出来たはずです。

今回は初めての阪神となりますが、急坂を苦にするようなタイプでもなく先団にしっかりとついて行ける脚もあり、道中で動けるセンスもあるので勝ち負けまではまず持ち込んでくると見ます。

1番人気になる事を想定していますが、ここでの凡走は考えにくいですね。

もう1頭はこの馬です。

[最強]競馬ブログランキングBへ

脚質転換してから一気に幅が広がりました。阪神ダートとは好相性でここまで4勝をあげています。カネヒキリ産駒は阪神ダート1800mとの相性も良く、2~3着よりも1着が多い勝ちれる産駒となっています。母側にミスプロを内包している点も良いですね。

今回は行きたい馬が数頭いるのでそこを行かせての競馬になると思いますが、阪神では安定した末脚を使えており、先団に付けばまず間違いなく良い脚を使えるはずです。

ここは馬と血統のキャラからも突き抜ける場面があるかもしれません。注目したい1頭ですね。

以上でアンタレスステークス2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-