競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【アルゼンチン共和国杯2017】週中予想考察。穴注目馬は?

アルゼンチン共和国杯2017週中予想考察です。

東京競馬場芝2500mで行われるGⅡアルゼンチン共和国杯2017。今年はアルバート・セダブリランテス・スワーヴリチャードらが登録しています。

ここからジャパンカップで激走する馬は現れるのでしょうか。注目の重賞となります。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察に入ります。

今年もスローの加速と上がり勝負か?

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみましょう。

上がりの脚が非常に重要となるレース。上がり1~3位の馬が毎年2頭以上はしっかりと馬券に絡んでいます。

東京芝2500m戦は基本的には加速力勝負ではなく持続力勝負になりがち。ただ、ここのところは加速力を問われる展開になりがち。

したがって若駒の活躍が目立つ結果となっています。加速力や瞬発力は加齢と共に衰えが早く来ますが、持久力は緩やかに衰えます。これは人間でも同じことが言えますね。

今年の登録馬をざっと見渡した限り、逃げ馬不在で先行馬も手薄な状況。昨年同様の加速力勝負になりそうな感じはあります。

血統

ここ数年で見ると欧州血統、特にトニービンとダンシングブレーヴに注目しておきたいです。昨年もトニービンを持つ馬がワンツー決着ですね。

一昨年は馬券にこそ絡んでいませんが7番人気4着馬はトニービンを持っていました。これは注目しておきたい血統傾向でしょう。

あとはベタにロベルト系。東京2500m戦は目黒記念とアルゼンチン共和国杯がありますがどちらもロベルト保持馬は良く走ります。

昨年は馬券絡みなしですが、一昨年はワンツー決着。ロベルト保持の先行馬がよく走る傾向にあるので、ロベルトの血を持つなら先行タイプに注意しておきたいところです。

アルゼンチン共和国杯2017注目馬は?穴馬は?

今年は正直なところ低調なメンバー構成。昨年2着のアルバートと3歳のスワーヴリチャード・セダブリランテスが上位人気を形成するでしょう。

ただ、3歳馬の2頭はどちらも調整面で不安がある上に3歳馬自体のレベルが低いとされていますね。

実際に今年の6月以降の準オープン以上での芝レースに限定した3歳馬の戦績は(0・0・1・17)で全く通用していません。

ダービー2着のスワーヴリチャードやセントライト記念に出走していれば間違いなく上位人気だったセダブリランテスがここで通用するのか注目ですね。

このメンバー相手に通用しないのであれば正直かなり厳しいとは思いますが果たして・・・。

では今年のアルゼンチン共和国杯注目馬と穴馬ですがこの2頭をピックアップしておきたいと思います。

人気ブログランキングA

このメンバーで凡走は許されないでしょう。どうみても登録古馬勢と比較すると頭2つくらいは抜けていると思います。

3歳勢は能力・調整過程に不安が残りますし、この馬を軸とすることがまずは的中に近づくことになると思っています。

前走は明らかに距離不足ですし、昨年の実績を考えても今年も同じような展開になるなら上位に食い込んでくるのは間違いない。

1番人気になるだろうとは思いますが、余程の事が無い限りこの馬の軸は変わらないのでここで挙げておきます。

穴で注目したいのはこの馬でしょうか。

[最強]競馬ブログランキングへ

スローの上がり勝負になるかと現時点では思っています。そうなると決めて勝負になりますが、このメンバーではそこまでキレキレの馬は正直上位人気に支持される馬しかいません。

そうなると必然的に前に行って粘り込めるようなタイプが面白い存在になるはずです。そうなるとこの馬の出番がありそう。

トニービンの血が上手く活きているディープ産駒で全くキレないですが、前々からの競馬でバテない強みを上手く活かす競馬が嵌れば上位に顔を出してきます。

メンバー的に先行勢も手薄なので2~3番手からの競馬が叶えばチャンス十分。穴人気しそうではありますが注目の1頭ですね。

以上でアルゼンチン共和国杯2017週中予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-