競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【ベルモントステークス2017】予想。エピカリス激走?

ベルモントステークス2017予想です。

アメリカ3冠最終戦のベルモントステークス2017。日本時間6月11日(日)7時37分の発走予定です。私はこの時間は調度仕事中で見れないのですが予想はしっかりしておきたいと思います。

日本から今年はエピカリスが参戦しています。昨年はラニが3着に激走しましたが今年はさらに上の着順に入ることが出来るかどうか。注目の海外GⅠとなりますね。

早速予想に入ります。

ベルモントステークス2017予想と印。

ベルモントステークスの過去の傾向から探っていきたいと思います。

まずは血統ですがタピット産駒が過去3年を見ると毎年のように好走していますね。タピットはアメリカダート界の最高峰とも言える種馬。この産駒が好走するのはわかるように思います。今年の出走馬では1頭が該当しています。

他にはミスプロ系・タピットを含めてのAPインディ系が目立ちますね。次点でノーザンダンサー系でしょうか。

前走ケンタッキーダービーかプリークネスステークスを経由していきている馬がベルモントステークス3着以内の大半を占めています。

ケンタッキーダービーからの馬は大きく着順を上げて来る巻き返しパターンが多く、プリークネスステークスからは好走してきた馬がそのまま今回もしっかり走るというイメージを持ちます。

ケンタッキーダービーからの巻き返しが多いのはおそらくケンタッキーダービーが20頭フルゲート多頭数で行われることが多く、外枠や多頭数不利を受ける馬が多いからでしょう。

ベルモントステークスは毎年10頭ほどの小頭数で行われる為に小頭数で能力を発揮する馬や前走で不利を受けた馬の巻き返しが多いということだと思います。

2冠レース以外からの出走では連対している馬には注意しておきたいところ。妙味あるのはケンタッキーダービー敗退馬かもしれませんね。

あと前走5月の馬が過去10年で3着内30頭の全てを占めます。面白い傾向ですね。

では今年のベルモントステークス2017本命ですがこの馬にしよう思います。

人気ブログランキングD

前走はケンタッキーダービーで6着。そのケンタッキーダービーですがかなり脚抜きの良い馬場で行われており、前に行った馬がそのまま上位に入るような内容でした。

その中で後方から追い込んで6着なら悪くない結果だったと言えるでしょう。

今回は距離延長となりますが、スピード負けしているようにも見えたのでプラスに出る可能性が高い。また、タピット産駒なので過去の好走血統にもはまりますね。勝ち負けまで期待したい。

相手にはアイリッシュウォークライ

前走は前につけて早々に失速してしまいましたが、これはスピードについていけていない印象。良馬場・距離延長で巻き返すのではないかと思います。先行力があるのは大きな魅力ですし、前につけて押し切ってしまってもおかしくないでしょう。

次にこの馬に注目したい。

[最強]競馬ブログランキングへ

どの程度の人気になるのかはわかりませんが、本命馬が来るような展開になればこの馬も一緒に突っ込んでくるのではないかと思います。

ここまでのレースは後方からマクリ気味に動いて末脚を活かす競馬。この競馬をするなら小頭数のレースが間違いなく合うはず。

前走と同様の競馬がしっかりと嵌るのであればおのずと本命馬とともに上位に食い込んでいると見ます。

以下、2冠レースで共に好走しているルッキンアットリー。

前が残す展開になればのミーンタイム。

同じく残す形になればのエピカリス。

最後にゴームリーまで。

ベルモントステークス2017印です。

人気ブログランキングD

アイリッシュウォークライ

[最強]競馬ブログランキングへ

ルッキンアットリー

ミーンタイム

エピカリス

×ゴームリー

以上でベルモントステークス2017予想を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞, 海外競馬
-,