競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【中日新聞杯2017】週中予想考察。穴注目馬は?

中日新聞杯2017予想考察です。

中京芝2000mで行われる中日新聞杯2017。今年はミッキーロケット・マウントロブソンらが登録しています。

開催時期が12月にずれて初めての開催になります。過去の傾向はあまり使えないですが中京芝2000mの傾向や同場開催の重賞傾向を参考に考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

記事下アドセンス

持続力と欧州型の血統に注目

まずは3月に開催されていた過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

中京芝2000mは持続力勝負になりやすい舞台。前半はスローで流れるものの下り坂を使って徐々にスピードに乗りつつ最後の坂を超えて粘り込む展開になりがち。

ある程度の位置取りがないと厳しい結果になることが多く、過去の中日新聞杯の好走馬を見ても好位からレースを進めている馬の好走が目立ちます。

大外一気のような末脚自慢の馬は不発に終わることが非常に多い舞台で、あがり34秒台の馬で十分に勝負になります。

前走キレ勝負で負けて人気を落としているような馬は狙いどころとなるかもしれません。

血統

トニービンやサドラーズウェルズ・ミルリーフといった欧州の重厚な血統を保持している馬が目立ちます。

じりじりと脚を伸ばせるばてないタイプで現代のキレを重視した競馬から少しズレているタイプが穴っぽいところで狙えるかと思います。

他にもリヴァーマンなどのスタミナ血統を保持しているのも良いですね。

キレキレの馬よりは少し重くて東京や京都の瞬発力戦で負けていた馬を拾ってみたいところ。

中日新聞杯2017注目馬・穴馬は?

ここは一長一短の組み合わせ。大荒れまであるかもしれませんがここでは上位人気勢で重い印候補としている馬と穴で注目したい馬を1頭ずピックアップしてみたいと思います。

まずは人気どころからこの馬ですね。

人気ブログランキングB

同じ中京芝2000m重賞ウィナーでもあるので舞台適正は文句なしでしょう。

追ってしっかりと伸びるタイプで最後まで脚を伸ばし切れる持続力があるところも良いですね。

血統的にも牝系はリヴァーマンを保持した重厚な血統である程度のキレと持続力を合わせ持つものとなります。

前走はGⅠをわずかの差で逃しましたがそれでいて3~4番人気に落ち着くならここは狙いどころとなりそうです。

穴っぽいところでこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

全くキレないディープ産駒。

中京2000mという舞台と相性の良かったサトノノブレスと同じ父ディープ母父トニービンという血統背景となります。

この血統の組み合わせは大概が切れない持続力勝負に向いた馬となってキレ勝負で負けてしまうため出世が遅れることになりますが、この馬も例外なく6歳になってからオープン入りを果たしています。

オープン入り後は勝ちこそないものの重賞で好走を続けており、ここでも持続力問われるレースになるなら好走するチャンスは十分にあるでしょう。

叩き2~3走目でパフォーマンスを上げて来る傾向にあるので叩き2走目となる今回は狙いどころ。

単勝8番人気前後になりかと思いますが、出来れば内目の枠で立ち回りの上手さを活かせる競馬をしてほしい。

大外でも引かない限りは穴候補として馬券に加えたいですね。

以上で中日新聞杯2017週中予想考察を終わります。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-