競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【ダービー卿チャレンジトロフィー】2017予想考察。末脚と持続力。

ダービー卿チャレンジトロフィー2017予想考察です。

中山芝1600mで行われるGⅢダービー卿チャレンジトロフィー2017。今年はグレーターロンドン・ガリバルディ・キャンベルジュニア・マイネルアウラートら18頭が登録しています。

破竹の5連勝でオープンを制したグレーターロンドンに注目が集まる1戦です。モーリスの初重賞制覇もこの重賞でしたが、ここ制して安田記念へ駒を進めて行くのはどの馬になるか。注目の重賞です。

早速考察に入ります。

差し届く舞台。末脚上位の馬に注目。

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。

過去にはモーリスが初の重賞制覇を果たしたレースです。そのモーリスは別格として良いかと思いますが、後方から末をしっかり伸ばした馬が上位に入っています。特に馬場改修後は顕著ですね。

馬場改修前は逃げ・先行馬がそのまま押し切る内容も目立ちましたが、ここ2年で先行して残したのは実績上位のロゴタイプのみ。そのロゴタイプは次走の安田記念も逃げ残しての制覇。かなりの能力がないと先行勢には苦しい結果が待っていそうです。

昨年は内から差して来た馬が1・3着。2年前は後方から外を回した馬で独占。先週の中山を見ている限り、外目が伸びていました。今週からBコース変わりとなりますが、やや外目の中団から競馬が出来る馬が優位かと見ます。

過去のラップを見てみると2年前はモーリスがとんでもないラップでゴールしているのでデータ上は最後に加速しているように見えますが、実質的には持続力問われる展開で消耗戦のようなラップ。スタミナ・パワーが問われる展開になりそうです。

血統

ロベルト・ノーザンダンサー系が活躍しています。パワーとスタミナの裏付けのある血統が良さそうですね。キレだけではこなせないレースと言えます。ディープ産駒は総じて苦戦傾向。先週までの中山1600~2000でディープ産駒の勝利はカデナ・ファンディーナ・グレーターロンドンと未勝利戦の1頭のみ。こうして見るとグレーターロンドンは別格かもしれません。

枠順

全体的な傾向としては外>内で良いかと思います。差し馬が上位に来るレースということで内で窮屈になって捌きにくいよりは外目の枠で一気に末を伸ばせるほうが良いのかもしれませんね。

ダービー卿チャレンジトロフィー2017好走注目馬は?

グレーターロンドンが前走危なげなくオープン戦を勝利したことで、ここでは抜けた1番人気になる事が想定されます。ここは一気の相手強化となる事と、あのモーリスですら55キロだった斤量が56.5キロでどうかになります。

では、ここでは人気に関係なく注目したい好走注目馬を2頭挙げてみようと思います。まずはこの馬を。

人気ブログランキングB

昨年の秋からの4戦は見せ場なく掲示板にも乗れず。ただ、この馬は上り勝負になるとほぼ出番が無くなり、持続力を問われる展開でこその馬。京都金杯は展開こそ向いたものの枠順の差で届かず。その他のレースは上り勝負になって全く向かない流れ。今回はおそらく上り勝負にならずにパワー・スタミナが問われる持続力勝負になる可能性が高い。昨年の春には持続力問われる展開となったニュージーランドトロフィーを制しており、中山マイルは2戦2勝と相性抜群。NHKマイルでもロードクエスト・レインボーラインと差のない競馬をしており、得意舞台に戻るここで一気にパフォーマンスを上げて来そうです。

もう1頭はこの馬とします。

FC2 ブログランキングB

この馬も中山マイルとは好相性。中山マイル戦では安定した末脚を使えており、ここまで中山マイルで8戦をこなしていますが上がり3位以内に全てまとめています。中山マイル重賞での好走実績もあります。前走も完全に前残りの展開でしたがしっかりと差してきていました。ここでは3~4番人気あたりに支持されるかとは思いますが、グレーターロンドンから1.5キロ軽い55キロでの出走で、さらに今の中山芝と好相性のステイゴールド産駒。条件は揃ったように思いますのでここは期待十分です。

以上でダービー卿チャレンジトロフィー2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-