競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【ダイヤモンドステークス2017】予想考察。この2頭に注目!

ダイヤモンドステークス2017予想考察です。

東京芝3600mで行われるGⅢダイヤモンドステークス2017。今年はアルバート・カフジプリンス・フェイムゲーム・ファタモルガーナらが登録しています。

JRA屈指のスタミナ長距離戦を制して春へ繋げていくのはどの馬になるのか。注目の名物重賞ですね。

早速考察に入ります。

高齢馬の好走が目立つが勝ち切るのは加速力に優れる若駒

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。

他の重賞では考えられないくらい高齢馬の好走が目につきます。やはり求められるものはスタミナということで、スピードの絶対値勝負にならないことがあるのでしょう。人を含めて全ての動物は高齢になればなるほどにスピードの絶対値は下降します。瞬発力も同様です。対してスタミナ・持続力は衰えが非常に緩やか。したがって長距離戦では高齢馬も活躍できるということになります。

ただ、このダイヤモンドステークスの年齢別の戦績を見ると4~5歳馬がしっかりと走っています。その理由はおそらくラップに隠れていると思います。

ラップを見てみるとラスト4~3ハロンで急激に加速しています。ここでの加速力勝負について行ける馬が勝利していることになるので急激な加速力勝負=若駒ということでしょう。そして、最後まで持続力を生かして粘り込める好走馬が高齢馬となっていると考えられますね。

血統

ハーツクライをはじめとするスタミナタイプのサンデー系がよく走ります。長距離戦と言えばお馴染みですがトニービン内包にも注意したい。ハーツクライもトニービン持ちですね。スタミナ型のノーザンダンサー系保持や持続力に優れるノーザンテースト持ちも良さそうです。いずれにせよ血統的にスタミナの裏付けが必要となりますが、重厚な欧州血統だけでは最後の加速についていけないのでサンデー系が必要となるのでしょう。

枠順

過去の実績だけでみると8枠の戦績が抜けているのですが、その内容はほとんどが上位人気ばかり。実質的には枠順の有利不利は無いように思います。

ダイヤモンドステークス2017好走注目馬は?

今年のメンバーを見る限りはアルバートが断然の1番人気になることは間違いないでしょう。トニービン内包し長距離戦の実績もあることから好走する裏付けも十分。馬券の対象から外すことは難しい1頭となります。

今回はここに出てこれば狙いたいと思っていた馬が1頭いますので、その馬と長距離レースの適正がありそうで狙ってみたい馬がいるのでその馬を挙げようと思います。

まずは前走からの回顧で狙いたいのはこの馬。

人気ブログランキングB

前走を見る限りは2400mでも短い印象を受けました。坂の使い方もいまいちでどうも馬場自体が合っていないようにも見受けられます。この舞台になればあまりごちゃつく展開にはならないと思いますし、スタミナを存分に生かして走ることが出来そう。長く広い直線に変わることは大きくプラスとなりそうですし、トニービン保持と血統的な裏付けも。おそらく2~3番人気なると思いますがこの舞台変わりで狙わない手はないでしょう。

もう1頭はこの馬です。

FC2 ブログランキングB

北海道の長距離戦で好走していることから長距離戦への適正はあるように思います。前走穴人気しての敗退なのでやや人気は落ちるようにも思います。過去の実績からも東京>中山でいいでしょうし舞台変わりはプラスに出るでしょう。トニービンを保持しており血統的には走ってもおかしくない。同系統でカムフィーが好走しており人気が落ちるようなら逆に買いたい1頭となります。

以上でダイヤモンドステークス2017予想考察を終わります。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-