競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【ドバイワールドカップ・シーマクラシック・ターフ】予想。日本馬の評価は?

ドバイワールドカップ・シーマクラシック・ターフ2017予想です。

今日はドバイワールドカップデーですね。日本で馬券が発売されるのはワールドカップ・シーマクラシック・ターフの3レース。この3レースの予想をしてみたいと思います。

ドバイワールドカップ2017には日本からアウォーディー・アポロケンタッキー・ゴールドドリーム・ラニが出走を予定しています。

ドバイシーマクラシック2017にはサウンズオブアースが、ドバイターフ2017にはヴィブロスがそれぞれ出走を予定しています。リアルスティールの回避は残念ですが、馬券抜きとして日本馬は応援したいですね。

ではレースの順番に予想していこうと思います。3レースの予想をまとめていますので少々長くなりますがお付き合いください。

ドバイターフ2017予想と印。

メイダン競馬場芝1800mで行われる国際GⅠレースです。日本からはリアルスティールの回避にてヴィブロスのみが参戦を予定しています。

日本馬はこのレースとは相性が良いですね。ただ、この好走馬は昨年のリアルスティールを始め、ジャスタウェイ・アドマイヤムーン・ダイワメジャーと超1流と言ってもおかしくない馬ばかりです。あのウォッカですら馬券外に飛んでいます。ヴィブロスには苦しい展開が予想されますね。

人気になるのはおそらくザラックとリブチェスター。前者は超良血馬で前走も持ったままの圧勝劇。人気になるのも仕方ないでしょう。ただ、前走はレベルがかなり落ちるGⅢでの圧勝。これまでの戦績を見ても取りこぼしの目立つ馬ですし人気程の信頼はなさそう。

後者はマイルまでの距離しか経験がありません。能力的にはこのメンバーなら上位で間違いないと思いますが距離適性がどうかと言う事と、過去に唯一3着を外しているのが休み明け初戦。ここは疑問が残る人気馬です。波乱の臭いがぷんぷんしますね。

では、ドバイターフ2017本命ですがこの馬とします。

デコレーテッドナイト

前走はドバイターフと関連性が強い前哨戦となるジュベルハッタに出走し勝ち切りました。過去の結果を見る限り、このジュベルハッタ組は好相性。鞍上のアッゼニ騎手は日本競馬へは上手く順応出来ていませんが、海外ではしっかりと結果を残しています。日本単独での馬券販売となりますので、騎手で売れる事もまず無いと見ます。アッゼニ騎手はドバイでも勝ち鞍ありしっかりと順応しているはずなのでここは期待したいです。

相手にはエシェム

2走前には今回上位人気が濃厚のザラックに先着しています。当時は本馬の方が2キロ余分に背負っての先着でした。今回は同斤量になりますが、人気はザラックが断然となりそう。斤量とレース内容を考えてもザラックに先着してきて何ら不思議はないでしょう。

3番手にはオパールティアラ

この馬もドバイターフの前哨戦として関連性の高いバランシーンに前走出走して勝ち切りました。牝馬が毎年のように3着内に絡んでくるのですが、今年の出走している牝馬で上位に取るならこの馬かと思います。

以下、距離と休み明けの不安は残るものの能力上位は間違いないリブチェスター

前走の圧勝劇はメンバーレベル高くなく、疑問が残りますが押さえる必要はありそうなザラック

最後に3頭だしオブライエン厩舎の1番手騎手としてムーア騎手が騎乗するドーヴィルを。

以下、ドバイターフ2017印です。

デコレーテッドナイト

エシェム

オパールティアラ

リブチェスター

ザラック

ドーヴィル

以上でドバイターフ2017予想を終わります。

ドバイシーマクラシック2017予想と印。

メイダン競馬場芝2410mで行われる国際GⅠレースです。日本からはサウンズオブアースが出走を予定しています。

日本馬はハーツクライ・ジェンティルドンナがここを制しており、さらに2013年以降は毎年3着内を確保している非常に相性の良いレースとなります。

今年の出走馬で注目を集めるのはやはりポストポンドとハイランドリールでしょう。この2頭が少し抜けているかと思いますが、ポストポンドは全盛期のような勢いがなく前哨戦も敗れました。ハイランドリールは前走サトノクラウンに敗れましたが海外を転戦しての年内9戦目。タフさに驚かされますが見えない疲れもあったはずです。休養明け初戦となりこちらは期待出来そうか。

では、本命ですがこの馬としました。

ハイランドリール

先ほども降れたように前走はサトノクラウンに敗れたものの年内9戦目。見えない疲れはもちろんあったはずです。昨年の臨戦過程と同様に香港後に休養しここを目標に調整されています。昨年はポストポンドに先着されましたが、その後のレースを見る限り充実度と成長度はこちらが上でしょう。ここ数戦の安定感からも軸とするには最適と言えます。まず間違いなく堅実に走ってくれるでしょう。

相手に日本馬からサウンズオブアース

ブックメーカーのオッズでは人気が無いですがおそらく日本のオッズでは3番人気あたりになるか。重賞未勝利馬としては過剰人気かとも思いますが、日本で古馬1線級差のない競馬をしており、このメンバーなら馬券内は十分あるでしょう。日本ではGⅠにあと少しで届かない馬が海外で制覇するということは過去に何度もあります。今回の日本からのドバイ遠征馬で1番可能性が高いのは本馬と見ます。

3番手にセブンスヘブン

このレースも牝馬の好走が目立つレースです。その中でも過去に2400m前後のGⅠを勝利している牝馬が好相性。本馬は2400mで行われている昨年のアイルランドオークスとヨークシャーオークスの勝ち馬となります。斤量差があったにせよ、ヨークシャーオークスで後の凱旋門賞馬ファウンドに先着している点は見逃せません。今回はヘファナン騎手に鞍上が戻りますが、アイルランドオークス勝ち時の鞍上であり問題はないでしょう。

以下、プライズマネー

前走は前哨戦となるドバイシティオブゴールドでポストポンドに先着。ただ、全てが上手く嚙み合った上での好走に見えました。ポストポンドの評価を今回は下げており本馬もここまでの評価。

最後にポストポンド

明らかに全盛期からは力が落ちているように見えます。特にここ2戦はポストポンドらしくない内容。昨年のようなパフォーマンスは出せないとみて5番手評価とします。

以下、ドバイシーマクラシック2017印です。

ハイランドリール

サウンズオブアース

セブンスヘブン

プライズマネー

ポストポンド

以上でドバイシーマクラシック2017予想を終わります。

ドバイワールドカップ2017予想と印。

ドバイワールドカップデーのメインレースとなるドバイワールドカップ2017。メイダン競馬場ダート2000mで行われる国際GⅠとなります。日本からはアウォーディー・アポロケンタッキー・ゴールドドリーム・ラニが出走を予定しています。

過去にはヴィクトワールピサとトランセンドのワンツーがあったりと日本馬でも通用するようにも思えますが、2010年~2014年はオールウェザーでのレース。ダートで開催されたレースに限定すると好走したのは2001年のトゥザヴィクトリーの2着まで遡る必要があります。

日本ダート界を牽引していたヴァーミリアンやホッコータルマエですら掲示板までに来るのがやっとという状況。今年も苦戦することはまず間違いないと思います。

さらに今年は1頭とんでもない馬が出走して来ました。ご存知の方も多いと思いますがアロゲートです。この馬を中心に今年のドバイワールドカップは動くとみて間違いないでしょう。

ではドバイワールドカップ2017の本命ですがこの馬とします。

アロゲート

非の打ちどころがないのでここは素直に本命としたい。重箱の隅を突くようにアラを探すなら初の海外競馬とアメリカで強敵相手に連戦してきた見えない疲れというところでしょうか。ただ、能力的には断然ですし、連を外すことはちょっと想像がつきません。まず間違いなく好走してくれるでしょう。

断然人気から入るので相手は少し捻ってみたい。まずはこの馬を。

人気ブログランキングD

ブックメーカーのオッズでは4番人気あたりですが、日本のオッズではおそらくアウォーディーやゴールドドリームあたりがある程度の人気を持っていくと思いますのでもう少し落ち着いた人気になるのではないでしょうか。

昨年のドバイワールドカップの3着馬となりますが、その後にアメリカでGⅠを制し今年の初戦のGⅡ戦もしっかり勝っての参戦で昨年よりも上がり目がありそうです。

ここ数戦は後方から追い込む競馬で結果を出しています。このレースでの勝ち馬を見ると先行しての好位抜け出しが基本。後ろからは届かない事が多く勝ち切れないのでアロゲートとの逆転は難しいと思いますが、そのアロゲートが前を軒並み潰してしまえば本馬の末脚が生きての2~3着は十分あると見ています。人気が落ち着くなら面白い1頭になるはずです。

3番手にはこの馬を挙げます。

FC2 ブログランキングD

前走はアロゲートに完敗。重賞未勝利の2勝馬と格下の存在となりますが、2勝目のレース内容がかなり良かったようで追加登録料を払ってのペガサスWCへの参戦。格下馬ながらにしっかりと3着に好走しており、このメンバーの中では1番上がり目があるのではないかと思います。レースを見てもアロゲートより前で競馬を進めており、交わされた後も最後までしっかり走り切っての3着と内容もありました。着差を考えるとアロゲートに勝つことはかなり厳しいと思いますが前走同様に粘りの走りを見せることが出来れば3着内の可能性は十分ありそうです。

以下、ガンランナー

ダート2000mで行われているケンタッキーダービーとトラヴァーズステークスでは共に3着に敗れています。ベストパフォーマンスを出せるのは1600~1800mと見ます。距離適性がどうかで4番手評価としました。ただ、能力的にはここで通用しても全くおかしくない。

フリアクルサーダ

全く人気にならないと思います。ブックメーカーでもラニと並んで最低人気ですし日本のオッズでもかなり嫌われるでしょう。前走はドバイワールドカップと同舞台で行われる前哨戦に出走して3着。(ラニは6着でした)ただ、前走はスロー逃げに持ち込んだロングリバーがそのまま押し切っただけの行った行ったの内容。このレースの上位馬は皆出走して来ますが、その中で終始外目を回されて直線向いて一旦外に出した分のロスがあった本馬が1番妙味ありと見ます。最後までじりじり伸びていたので、アロゲートが軒並み先行馬を潰してしまえば漁夫の利3着があるかもしれません。

最後に近走冴えませんが昨年2着馬のムブタヒージとペガサスWCで後方から追い込んで4着まで持ってきたキーンアイスを押さえたいと思います。

日本馬に関してはどう見ても役者不足。馬券を考えない上では応援したいですが馬券を買う上では全頭足りないと判断しました。

以下、ドバイワールドカップ2017印です。

アロゲート

人気ブログランキングD

FC2 ブログランキングD

ガンランナー

フリアクルサーダ

×ムブタヒージ

×キーンアイス

以上でドバイワールドカップ2017予想を終わります。

今年のドバイワールドカップデーにはこの3レース以外にも日本馬が多数出走を予定しています。週末は寝不足確定ですが、馬券は馬券で楽しみながら日本馬の応援をしていきたいですね。

では、今年のドバイワールドカップデー2017を大いに楽しみましょう!

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞, 海外競馬
-,