競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【エルムステークス2017】週中予想考察。注目したい穴馬は?

エルムステークス2017予想考察です。

札幌競馬場ダート1700mで行われるGⅢエルムステークス2017。今年もなかなかの好メンバーが揃いました。

別定戦ということでメンバーが揃いやすい重賞となりますが、荒れる重賞でもあります。

今年も注目したいダート重賞となりますね。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


早速考察に入ります。

逃げ馬苦戦。中段から動ける機動力と捲りに注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

基本的には4角で先団についていないと勝負にならないレースと言えます。5年前にグランドシチーの差しが届きましたがこれは例外としておいて良いでしょう。

ただ、単純に1角から先頭に立ってそのまま押し切りという内容ではなく、道中で動いて4角で先頭に近い位置まであげている馬・ロングスパートが使える馬が良いですね。

4角で先頭を捕えて早めに抜け出して粘り込む形がエルムステークスの好走パターンと見ておいて良いでしょう。

逃げ切りは非常に難しいレース。タフな流れになりますので上位人気で逃げた馬が3着までに残し切るのが精いっぱいとなっています。

血統

正直なところこれといっ血統的な偏りはないなという印象。ノーザンダンサー・ミスプロ系といったところですが、その中でも馬力ではなくスピードの持続力のある血統が良さそう。

サンデー系も走りますがこちらはスピードタイプではなくパワーを兼ねている血統が良いですね。

前走内容

臨戦過程は様々ですが中央重賞組に勝ち鞍はありませんね。昇級馬でも十分に勝負になっています。

前走で4角4~5番手までにつけていた馬と早めに動いて捲る競馬で好走してきた馬には注目しておきたいです。

エルムステークス2017注目馬は?穴馬は?

今年は上り馬テイエムジンソクが断然の1番人気になることはまず間違いないでしょう。

休養後に別馬のような走りになった本馬。ここ2走の走りは本物でしょうし、大沼S・マリーンS組の馬にはまず負ける事はないでしょう。

では何かあるのなら別路線組。テイエムジンソクは脚質的にも凡走する可能性は低そうですが、それでも馬券内と考えるとあと2つ席は残っています。

ここではテイエムジンソク以外で注目してみたい馬を2頭挙げてみようと思います。

まずはこの馬をピックアップ

人気ブログランキングB

3・4走前の対戦相手と着差を考えると実績・能力共に上位とみて間違いないでしょう。

先行力と道中で動ける機動力もありますし、直線で前を捕えていればそのまま粘り込めるように思えます。

netkeibaさんでは6番人気あたりを想定されていますが、もっと上位に人気されると思っていたので当日もこのくらいの人気なら積極的に買いたい馬になりますね。

安達太良ステークス組は好相性ですし、この馬は昇級戦と言っても実質的にはオープンで結果を残している馬なので昇級は形だけ。4走前のグレイトパールとの着差を考えるとピオネロあたりよりは上だと見ます。頭まであってもおかしくないのでは。

もう1頭はこの馬をピックアップ。

[最強]競馬ブログランキングへ

データ的には買いにくい馬になります。ただ、今年は例年ほどにメンバーは揃っていない印象を持ちます。

そうなるとこの馬の出番があってもおかしくないかなと思っています。

昨年の交流重賞でのレースと相手関係を考えると十分にここでも勝負になるはず。

さらに今年に入ってからの強さは際立っており充実期を迎えています。マーキュリーカップ2着のピオネロとは同レースに出走していたドラゴンエアルを物差しにすれば能力的に差はないと思います。

距離は前走の1600mよりは伸びることに越したことはないはずで、今年のメンバーなら勝ち負けまで持ち込める可能性すら秘めていそうです。地元の維持を見せてくれないかなと期待も込めて注目です。

以上でエルムステークス2017週中予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-