競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【エルムステークス2018】週中予想考察。注目穴馬は?

エルムステークス2018予想考察です。

札幌ダート1700mで行われるGⅢエルムステークス2018。今年はハイランドピーク・リッカルドらが登録しています。

夏に行われる唯一とも言える別定中距離ダート重賞。暮れに向けて飛躍するのはどの馬になるのか。

注目が集まるダート重賞です。

PR

普段のネットショッピングをもっとお得に!ハピタスでお得にポイント貯めよう!

普段楽天などのネットショッピングでお買い物をしたり、旅行の時にじゃらんなどで宿泊施設を決めている方には是非ともお勧めしたいポイントサイトです。

例えば楽天でネットショッピングをする時にこのハピタスというポイントサイトを経由してお買い物をすると、楽天ポイントとは別にハピタスポイントが貯まります!

そしてこのハピタスポイントはギフト券はもちろん現金に変えてしまうことも出来てしまいます!!

普段のお買い物をもっとお得に楽しむならハピタスに登録した方が良いことは間違いないですね!!!

気になる方はこちらからご確認下さい↓↓

普段のネットショッピングをさらにお得に!賢くポイント貯めるならハピタス。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察を進めて行きたいと思います。

先行力・機動力が最重要。4角先団が好走条件。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

5年前は函館開催なのですが傾向として大きく変わらないのでそのまま参考にしたいと思います。

まずはっきりしているのは4角で前にいないと勝負にならないということでしょう。

過去5年では4角3番手以内の馬で馬券内の全てを占めてしまっています。

この中には中団から捲ってきている馬も当然含まれているのですが機動力と先行力がないとここでは勝負にならないということがわかります。

ただ、逃げた馬は苦戦しており馬券内には食い込んでくるものの勝ち切れずに2~3着。

これはレース自体がタフな展開になっていることが影響しているのでしょう。

ラップを見てみたところ持続力勝負の消耗戦になっていることがわかります。これは馬場状態問わずに同じ傾向となっているので小回り1700mという舞台設定がタフな展開を作り出しているのでしょう。

前々で競馬が出来て尚且つ我慢して脚をしっかり伸ばせる馬、3~4コーナーで徐々に進出して4角回るころには先頭を捕えている馬が好走するレースと言えます。

血統

過去にはロベルト系がよく走っていたのですが最近の傾向をみるとこれといった血統傾向がありません。

ややサンデー系が優位なようにも見えるのですが母数が多いのでたまたま・・・な印象が拭えないですね。

あえて出すならばボールドルーラー・ヴァイスリージェント系を持っている馬となりますがちょっと難しいですね。

エルムステークス2018注目馬・穴馬

前述したように先行力・機動力がないと勝負にならない舞台です。

当然狙いは前走や前々走で4角を射程圏に捉えることが出来ていた馬という事になりますね。

では注目馬ですがこの2頭を現状ではチョイスしておきたいと思います。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

機動力のあるサンデー系ですね。

テンの脚はありませんが道中動いて4角で前を捕らえるという内容の競馬で結果をしっかりと残しています。

タフな展開になるほうがこの馬には向いていると思いますしここでは能力上位だと思います。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前走の鞍上そのままならおそらく人気にはならないでしょう。

揉まれると良くないのでハナを奪うか外から追走するかになりますが、このメンバーなら内枠以外なら良いポジションが取れるでしょう。

血統的には前述したボールドルーラー・ヴァイスリージェント系となっていますし前走で消耗戦を制していることから面白い1頭だと思います。

以上でエルムステークス2018予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-