競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【府中牝馬ステークス2017】週中予想考察。穴注目馬は?

府中牝馬ステークス2017予想考察です。

東京競馬場芝1800mで行われるGⅡ府中牝馬ステークス2017。今年はヴィブロス・アドマイヤリード・クイーンズリングのGⅠ馬3頭に注目が集まります。

この3頭で決まるのか、はたまた伏兵の台頭はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


考察を進めて行きたいと思います。

ポイントは位置取りと加速力

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

上がり上位の馬がほとんど馬券に絡んでいないことがわかります。

スローからの加速力勝負になることが非常に多い重賞なのですが、後方一気が届きにくいので上がり上位の脚を繰り出しても馬券内まで届かないということが非常に多いですね。

過去のラップを見てみると残り3Fから一気に加速するレースがほとんど。こうなると好位から一気に加速出来る馬が有利になるので、後方からでは物理的に届かないレースラップになるということですね。

ただ、今年はクロスコミアという絶対的な逃げ馬がいます。ドスローの展開はちょっと考えにくくミドル~ややスローあたりで流れるのではないでしょうか。

こうなると例年よりは後方からのレースを選択しても届くのではないかと思えます。

また、今の東京は雨が降ると外が伸びる馬場になる傾向。週末はまたしても雨予報が出ており、外目からグイグイと伸びるタイプの馬が毎日王冠のように好走するのではないかと思っています。

血統

はっきりとした傾向はありませんが注目しておきたいのはヴァイスリージェント系でしょう。

昨年は馬券に絡みませんでしたが、過去4回でそれぞれ馬券に絡んで来ています。

大穴を開けたノボリディアーナもヴァイスリージェント系の馬ですね。

今年の登録馬でヴァイスリージェント系を持っているのはわずかに1頭。面白い傾向かもしれません。

府中牝馬ステークス2017注目馬は?穴馬は?

今年の登録メンバーを見るとどう考えてもGⅠ馬ヴィブロス・アドマイヤリード・クイーンズリングの3頭が頭2つくらい抜けています。

最内で包まれる・揉まれるなどの展開にならない限り、この3頭で決まってしまってもおかしくありません。

ただ、ヴィブロスとアドマイヤリードは好走ポイントが少しずれているのでどちらかが居なくてもおかしくはない。

そういうことで1席以上は穴馬の入り込む余地があると見て注目馬・穴馬をピックアップしてみようと思います。

まずはこの馬を

人気ブログランキングB

1ターンの左回りがおそらく好走ポイント。距離としては2000mはやや長い印象なのでこの1800mまでが良いでしょう。

強烈な上がりの脚を持っており、加速力勝負になるならこの相手でも十分に戦えるだけのモノは持っています。

ただ、心配な点は雨でしょうか。雨で外が伸びる馬場になる点はプラスなのですが、この馬自体に重適正があるかどうか。少し重い馬場になると馬券に絡んだことはありません。

血統的には重馬場もこなせるはずなのですが、出来れば稍重までが良いかなとは思います。

もう1頭はこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

逆にこの馬は道悪でこそのタイプ。しっかりとした雨になれば出番があるのではないかと思います。

道悪・タフ馬場で能力を発揮する、と言うよりはパフォーマンスを全く下げない馬ですね。

前走は56キロを背負いながらまさに完勝。ここに来てパフォーマンスをどんどんと上げてきています。

相手は一気に強化されますが、この馬のやることは決まっていますので、いかに自分のペースでレースを作ることが出来るかでしょう。

鞍上は過去にこの馬に乗って重馬場で激走した実績ありますし、内目の枠からポンっと行ってしまえば有力馬がけん制し合っている内に粘り込める体制が作れるように思えます。

しっかりとした雨になって重馬場になるのであれば重い印を考えておきたい穴馬候補ですね。

以上で府中牝馬ステークス2017予想考察を終わります。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-