競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【福島記念2017】週中予想考察。注目穴馬は?

福島記念2017予想考察です。

福島競馬場芝2000mで行われるGⅢ福島記念2017。今年はサンマルティン・ウインブライト・マイネルミラノらが出走を予定しています。

非常に難解なハンデ重賞となりますが、過去の傾向を探って的中へ近づけていきたいと思います。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察に入ります。

持続力問われる舞台。注目血統は欧州型。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

一瞬の切れ味より長く良い脚が使える馬が活躍する舞台。切れ味勝負で負けてきた馬が巻き返す重賞と言えるでしょう。

レースの上がりをみても34秒台半ばで十分に勝負になっています。

東京や京都の上がり勝負では厳しかった馬の台頭に注目したい重賞となりますね。

データを見てみても前走上がり1~3位の馬は軒並み凡走しており、好走率が高いのは前走上がり6位以下の馬となっています。

前走の切れがそのままここで活かせるというわけではないということですね。

持続力を活かすという事はロスなく立ち回ってじりじりと脚を伸ばせる馬が良いということになります。

枠順成績を見てみると外枠が圧倒的に不利なデータとなっており、7・8枠に入った馬は2着1回3着2回のみ。

かたや3枠までの馬が4勝をあげていることから内枠有利な傾向とみて良いでしょう。

そうなると前々から持続力を活かして粘り込めるタイプが走れるはず。

実際に福島記念の脚質別データを開くと逃げ先行勢が5勝2着3回と連対の大半を占めています。

先行脚質の内枠馬は特に注目しておく必要がありそうです。

血統

昨年こそ3着以内を外しましたが、過去の傾向としてはノーザンテースト・サドラーズウェルズの血を持つ馬がよく走っているということでしょう。

欧州型のパワーと持続力が問われることが多いということが血統をみてもわかります。

福島記念2017注目馬は?穴馬は?

今年のメンバーを見てみると逃げたい馬も揃いましたし、過去の傾向通りに持続力が問われる展開になりそうな感じはあります。

抜けた実力馬もいませんしここは脚質と血統で注目馬をとりあげていきたいと思います。

現状ではこの2頭に注目しています。まずはこの馬です。

人気ブログランキングC

前走ではハナを取り切っての好走。行ってしまうことが出来れば非常にしぶとく脚を伸ばすことが出来るので、ハナを奪えるかどうかが重要。

今回は逃げたい馬が数頭いるので同型との兼ね合いと枠順がカギになるか。

ややズブさを見せてきているので内過ぎると先手が奪えない可能性が高い。最内よりは中枠あたりが良さそうで、外過ぎると最初に脚を使わされて余力を残せないか。

極端な枠に入らないなら面白い存在になる。血統をみてもノーザンテーストを持ち持続力勝負に富むステイゴールド産駒。

好枠を取ることが出来れば上位評価となりそうです。

もう1頭はこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

欧州型のパワータイプが走るということならトニービンの血も悪くないはず。

母父にトニービンを持つディープ産駒は大半が切れないディープとなって持続力が問われる舞台で好走することが多くなります。

本馬もまさにこのパターンで、切れないがバテない強みを上手く活かすことが出来れば上位争いまで持ち込めると思います。

サマーシリーズでは結果を残すことは出来ませんでしたが、着差はわずか。完全な力負けではないでしょう。

この馬は馬群も気にしないですし、スッと出て好位取れるので内枠が良いはず。

1~3枠に入ることが出来れば重い印を打つ候補になりそうです。

以上で福島記念2017週中予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-