競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

凱旋門賞2016予想考察。マカヒキの評価は?海外馬は?

こんばんわ。この週末はスプリンターズステークスが行われますが、フランスのシャンティイ競馬場では凱旋門賞2016が行われますね。日本からはマカヒキが出走を予定しています。ニエル賞を前哨戦として満を持しての出走となります。海外馬はポストポンドを始め、ハーザンド、ファウンド、レフトハンドらが出走を予定しています。では、考察に入ります。

マカヒキのシャンティイ競馬場への適正は?

まずは日本馬マカヒキの考察をしてみます。日本の馬場よりシャンティイの馬場が合う・パフォーマンスを上げるということは、まずないだろうと思います。重厚な欧州血統がしっかり走る舞台です。マカヒキの血統はどうみても軽いでしょう。ニエル賞はメンバーレベルが低すぎましたし普通に周れば勝てるレース。おそらく日本のPATで買うと1~2番人気に支持されると思いますがここは馬券を当てるとう観点からは嫌いたい人気馬になってしまいます。

海外馬の評価は?

まずはなんといってもこの馬からでしょう。

ポストポンド

昨年のキングジョージ以降7連勝中で、ドバイではドゥラメンテ2馬身差の圧勝。各国様々な競馬場で結果を残しておりあらゆる適応能力が高いのでしょう。多頭数がダメということもないでしょうしここは最有力の1頭と見ていいと思います。

次に鞍上が不気味なこの馬です。

ファウンド

この厩舎は1番の勝負馬にムーアを乗せてくる傾向にあるので、ッムーアが乗るという段階で勝負気配ありありです。この馬はとにかく安定感が抜群です。(5.10.2.1)とう成績。唯一の複勝圏外は昨年の凱旋門賞。内で詰まって追えずに終了でした。まともなら今年も有力な一頭ですし複軸にはいいかもしれません。

次は、凱旋門賞好走パターンのヴェルメイユ賞組のこの馬。

レフトハンド

ここ数年はヴェルメイユ賞経由の馬が好成績。しかも1着である必要もないデータ。そして凱旋門賞で最も有利とされる3歳牝馬。もう売れてしまう要素はそろってしまっています。ウイリアム・スポーツヒルのオッズでは21.0倍なんですが、おそらく日本のPATですと10倍前後まで穴人気してしまう予感。ヴェルメイユ賞経由・3歳牝馬が有利なのはちょっと調べればすぐにわかることですからね。

もう一頭あげるとすれば英愛ダービー馬のこの馬。

ハーザンド

わたしはこの馬は軽視する予定ではあります。枠順にもよりますが。。。軽視の理由は今年の3歳馬のレベルがもしかしたら低いのかもしれないということです。この馬はダービー後の初古馬混合重賞のチャンピオンSで着外に敗退。この馬のダービー2着馬も次走以降のGⅢ戦で4着・2着。ここをものさしにすればここでは足りない可能性が高い。現状3番人気程度が想定されますが人気で無理に買う馬ではないと思います。

ざっと有力馬はこんなところだと思います。ここまでの状況を踏まえて枠順確定前の本命有力馬は

ファウンドです。

ポストポンドも、もちろん有力です。最終的には枠順を見てからの決定とするつもりです。(シャンティイはどうみても多頭数の外枠は不利なので)

ただ、ウイリアム・スポーツヒルのオッズがこのままならレフトハンドの馬券は買いたいですね。ほんとに21.0倍なんでしょうか。。。絶対PATでは穴人気しまくるはずなんですけどね。

ウイリアム・スポーツヒルから凱旋門賞の馬券を買いたい方、オッズの確認をしてみたい方、その他のスポーツでのベットを楽しんでみたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

凱旋門賞2016の馬券を買おう。ウイリアム・スポーツヒルをお勧めする理由とは?

私はレフトハンドのオッズを見て単複だけウイリアム・スポーツヒルで買うかもしれません。ウイリアム・スポーツヒルは単複しかないので他の馬券はPATですね。

最終的な予想と馬券は枠順みてから決めて土日で予想記事を書こうかと思います。

以上、凱旋門賞2016予想と考察でした。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞, 海外競馬
-,