競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【函館スプリントステークス2017】週中予想考察。注目の穴馬は?

函館スプリントステークス2017予想考察です。

函館競馬場芝1200mで行われるGⅢ函館スプリントステークス2017。今年はセイウンコウセイ・シュウジ・ブランボヌールらが登録しています。

いよいよ夏競馬が始まるといった感じがしてきますね。ここを制するのはどの馬になるのか。注目の単距離重賞です。

早速考察に入ります。

持続力必須。ノーザンダンサーとミスプロに注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

昨年と4,5年は前に行った馬と後方から内を突いた馬で決着。2、3年前は内の人気馬が詰まって行き場を完全に無くして外を回した後方待機馬で決着。

前がスムーズに流れてごちゃつかなければ先行馬と内を通した馬が、内でごちゃつけば後方馬が一気に台頭するといった傾向にありますね。

今年のメンバーをさっと見る感じでは、ダートからの転戦馬が多く、尚且つ前で粘り込みたいタイプの馬が目立ちます。小頭数ではありますが、内に入った馬はごちゃついて不利が出そうな気がしています。セイウンコウセイは内枠を引くと危ないような感じもします。

レースラップを見てみると早い入りでレースに入って我慢比べになる印象。パワーとスタミナの持続力が必要ですね。後半最後は必ず失速しているのでそこでどれだけ我慢出来るかになります。

血統

ノーザンダンサー・ミスプロ系を重視しておきたいです。スタミナや持続力問われる展開になるということでしょう。洋芝でもありますし、スピードだけでは押し切れるレースではありませんね。

この他の血統では洋芝適正がありそうな欧州の重い馬場で自身が好走していた馬の血(ダンシングブレーヴやバゴなど)を持つ馬も気にかけておきたい。

前走内容

前走からの巻き返しが目立つのはGⅠ敗退組。前走GⅠ組は着順問わずに注意したい。特に距離短縮組の巻き返しが多いですね。マイルGⅠで距離が長くて大敗後の短縮一変には注目です。これらの馬は過去に1200~1400mでの実績があるほうが尚良いですね。

前走オープン組ならば最低でも掲示板はほしいところ。前走重賞組以外で掲示板にも載れていない馬は割引たい。

函館スプリントステークス2017注目馬は?穴馬は?

今年は高松宮記念勝ち馬のセイウンコウセイに人気が集まることは間違いないでしょう。北海道シリーズは初参戦になりますが、前走かなり重い馬場で好走しておりアドマイヤムーン産駒でもあるので洋芝は問題ないと思いますが、内過ぎる枠になった時に包まれて何も出来ない可能性が高くなりそうです。

では注目馬・穴馬として挙げたい馬になりますが、距離短縮してこれば買いたいと思っていた馬が出走してきました。まずはこの馬をピックアップ。

人気ブログランキングA

前走はマイル重賞でしたが想像通りに距離が長かった。この馬の適正は1200m~1400mにあることを前走で確信しました。

元々クロフネ産駒の牝馬は短距離に適性がある馬が多く出ます過去の有名どころですとカレンチャンが該当しますね。

この馬は母系も短距離で走っており、適正は短距離と見て間違いないでしょう。2走前も不利がなければ上位勢ともう少し際どい内容までは持ち込めたはずです。

過去の実績と斤量で人気になってしまうかもしれませんが、極端な内枠を引かなければこの馬を本命にと考えています。

もう1頭は人気のないところからこの馬に注目です。

[最強]競馬ブログランキングへ

実績的に大きく見劣るので全く人気にはならないでしょう。この馬に注目したいのは洋芝適正と血統ですね。

函館1200mは過去2勝2着1回で連対率は50%になります。オープンに上がってからは全く結果は出ていませんが、ここ3戦はそれぞれ言い訳のきく内容ばかり。昇級初戦の重賞では0.4差に好走していることから通用するモノはあると見ています。

血統的にもノーザンダンサーのクロスを持ち、母系に注目血統で挙げたダンシングブレーヴを保持。まさに洋芝のパワーが要る馬場でこそのタイプと言えます。

全く人気にならないはずなので1枚押さえておきたい1頭ですね。

以上で函館スプリントステークス2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-