競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【阪神大賞典2017】予想考察。1番人気は外せない?

阪神大賞典2017予想考察です。

阪神芝3000mで行われる阪神大賞典2017。今年はサトノダイヤモンド・シュヴァルグラン・ワンアンドオンリー・レーヴミストラルらが登録しています。

ここを制して春の天皇賞に向かう馬はどの馬になるのか。有馬記念馬サトノダイヤモンドの復帰戦としても注目が集まる重賞です。

早速考察に入ります。

人気馬の好走目立つ。注目血統はトニービン。

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。

ゴールドシップの3連覇が思い出される重賞ですね。1番人気馬が圧倒的な数値を残しており、ここ5年で4勝2着1回。その2着もオルフェーヴルのあの有名なレースですので実質的には5勝としてもいいかもしれません。その他の結果を見てみても、5番人気以内の馬でほぼ決まっており穴馬の好走はデニムアンドルビーのみ。スタミナ・スピードの総合力が問われるので強い馬がそのまま好走するレースと言えそうです。

展開を見ても後方から進める馬には厳しい結果となっています。あのゴールドシップですらこのレースは先団でレースを進めて結果を残しています。競馬のセオリー通りに先行して押し切る強い競馬が出来る馬がそのまま結果を残していると言えそうです。

血統

ステイゴールドが走っていますがこれはオルフェーヴルとゴールドシップによるものなのでそこまで気にしないで良いでしょう。目立つのはやはり長距離と言えばこの血統と言えるトニービン。昨年もシュヴァルグランとアドマイヤデウスがトニービン保持馬で好走しましたが、この血を保持している馬には注目しておきたいですね。

阪神大賞典2017好走注目馬は?

今年は有馬記念勝ち馬のサトノダイヤモンドに注目が集まります。このメンバー相手ならおそらく単勝1倍台の抜けた人気になる事が予想されます。ただ、好位からレースを運ぶことが出来、あらゆる展開に対応可能な非常にセンスの高い馬です。このメンバー相手で崩れるところはちょっと想像がつかないですね。2番人気にシュヴァルグランでしょう。トニービンの血を保持し昨年の勝ち馬ですのでここへの適正は文句なし。

この2頭が単勝1桁となりあとは離されたオッズになることが想定されますが、3連系の馬券ならば残り1席はあります。ここではそこに入り込める余地がありそうな馬を挙げて行こうと思います。まずはこの馬を。

人気ブログランキングA

昨年の阪神大賞典では勝ち馬にこそ離されましたが3着とは0.1秒差の4着に好走。上がりのかかる長距離戦では安定して能力を発揮しています。前走も勝利しておりまだまだ長距離戦ならやれることは示しましたし、特殊条件の長距離戦では適正も問われるのでリピーターに注意したいところでもあります。このメンバーなら間違いなく先手を取れると思いますので注目したい1頭です。

もう1頭はこの馬になります。

FC2 ブログランキングA

上がり勝負になるとどうにもならないですが、長距離のこの舞台ならと思わせてくれる馬です。前走はポジションとれずに4角でもまだ10番手あたりと苦しい内容ながらにしっかり伸びて掲示板まで持ってきました。4角で先団についていた馬が上位を占めていることを考えると内容は悪くなかったです。血統をみてもこの馬はトニービンを保持しておりここへの適正はあるように思えます。今一度狙ってみたいと思わせてくれる1頭になりますね。

以上で阪神大賞典2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-