競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【アイビスサマーダッシュ2017】週中予想考察。ネロは危険?

アイビスサマーダッシュ2017予想考察です。

新潟芝1000mで行われるGⅢアイビスサマーダッシュ2017。今年はネロ・フィドゥーシア・アクティブミノルらが登録しています。

新潟名物千直レースでの重賞ですね。非常に楽しみなレースとなります。

スポンサーリンク

記事下アドセンス

早速考察に入りましょう。

スピードの持続力勝負。外枠圧倒的有利。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

スピードの持続力が求められる舞台になります。新潟千直コースはテンからグイグイ進んで行ってそのままなだれ込むような競馬が出来る馬が好走する傾向にありますね。

これは過去のラップを見ても明らかで2~4Fは10秒台でグイグイ進んで行きながら最後の1Fはグッと時計のかかる競馬となっています。

トップスピードに速く乗れて尚且つ最後まで持続力で粘り込んでいけるかが重要となりますね。

新潟千直競馬と言えば外枠有利。この傾向はアイビスサマーダッシュでも同様となっています。

7・8枠の馬が過去5年で3勝2着3回3着3回と圧倒的な数値となっています。

1~6枠の馬も6頭が馬券に絡んでいますが、6枠人気薄で馬券になったシンボリディスコを除くと人気馬ばかりとなります。

外枠から中心に考えて内で買えそうな人気馬を拾っていく形になりそうですね。

血統

サクラバクシンオーの血には注目です。ベルカントの2連覇が目立っていますが他の馬の好走も目立ちます。

サクラバクシンオーの父であるサクラユタカオーまで含めるとさらに好走率があがります。この血にはまず注目したいところ。

あとはダート短距離を得意としているミスプロ系や持続力あるヨハネスブルグなどにも注意しておきたいですね。

前走内容

前走重賞組が3着以内の大半を占めています。前走GⅢ組が過去5年で5勝2着2回3着2回と圧倒的な数値。

前走GⅢで3着以内に入ってる馬は全て9着以内の実績なので1桁着順ならというところ。

まずは前走重賞組からの取り捨てを考えていくことになるでしょうか。

アイビスサマーダッシュ2017注目馬は?穴馬は?

今年はネロ・フィドゥーシアが人気を分け合う形になるでしょうか。

ネロは年齢を重ねると一気に好走率が落ちるヨハネスブルグ産駒。6歳を迎えた同産駒は過去2年半で(1・1・1・34)とかなり厳しい戦績。早熟傾向がありありでここは厳しい結果が待っているかもしれません。危険な人気馬になりそうです。

フィドゥーシアは逆に晩成傾向のある血統。ここから一気に開花していく可能性もありますし、注目したい人気馬はこちらでしょうか。

ではここからは注目馬と穴馬のピックアップです。まずは人気サイドからこの馬を。

人気ブログランキングB

前走はブリンカー効果てきめんでした。出鞭をいれて先手を奪うとそのまま粘り込み。

前走のラップを見ても、ここで好走しそうなラップを刻んでいますし、スピードの持続力と言う点でも問題はないでしょう。

初の千直競馬となりますが、舞台適正はかなり高いように思えます。前走のように積極的な競馬が出来れば勝ち負けまで持ち込めると見ています。

前走CBC賞で好走した馬はここでの好走率も高く期待十分。

もう1頭は穴馬からこの馬をチョイス

[最強]競馬ブログランキングへ

この馬も前走CBC賞組です。その前走は15番人気ながらに6着に好走しました。

ここ2戦は行き足ついていませんが、4レース前には新潟直千とリンクしている中山1200ダートで先行して押し切り勝ちをおさめています。

血統を見ても父父にサクラバクシンオーを持っており、血統的には間違いなく合うので、過去に千直へ出走実績がないことで人気を落とすのであれば面白い。

外目の枠を引くことが出来ればこの馬から入るかもしれません。

以上でアイビスサマーダッシュ2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-