競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【JBCクラシック・スプリント・レディスクラシック2017】予想。

JBCクラシック・スプリント・レディスクラシック2017予想です。

今年もJBCのシーズンがやってまいりました。豪華なメンバーが大井競馬場に集結します。

JBCクラシック・スプリント・レディスクラシックとそれぞれの注目馬や予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


中央競馬も開催されますし楽しみですね。

では早速予想に入っていきます。

JBCクラシック2017

ここはどうみても地方勢ではどうにもならないメンバー構成。JRA勢の上位争いとみて間違いないでしょう。

こうなるとJRA勢の取り捨てを考えていく事になりますが、枠順を見た段階で本命は決まりました。

今年のJBCクラシックの本命はこの馬ですね。

人気ブログランキングD

この馬の買いどころは外枠か地方交流重賞のどちらか。ここはどちらも揃いましたので人気になっても買いたいところです。

飛びが大きく器用さに欠ける馬なので中央のGⅠで多頭数になるとどうしても不利を受けてしまいます。

ところが地方交流は必ずと言って良いほどバラける展開になるのでスムーズに走ることが出来ます。

この枠順からで実力差がはっきりしており実質小頭数の競馬になる今回は実力通りに走ってくれるはず。

休養明け叩いての2走目となり、ここにしっかりと合わせてきているのも良いですね。馬券外に飛ぶイメージは沸きません。

この馬を軸に相手上位にケイティブレイブ・サウンドトゥルーとして、△にアウォーディ・グレンツェントですね。

ミツバはこのメンバー相手では足りないと思いますので切りで良いでしょう。

オールブラッシュは鞍上込みで人気するかと思いますが、この相手に通用するイメージは沸きません。こちらも切ります。

◎人気ブログランキングD

○ケイティブレイブ

▲サウンドトゥルー

△アウォーディー

△グレンツェント

以上の印で組み立てていこうと思います。

JBCスプリント

スプリントはかなりの混戦模様。ここは地方馬のチャンスも十分にあるでしょう。

さらにはコパノリッキーの参戦。短距離路線が手薄と見ての参戦だと思いますが、流れに乗れさえすれば通用してもおかしくないと思います。

ではJBCスプリントの本命ですがこの馬でいきます。

[最強]競馬ブログランキングへ

大混戦メンバーなのでここは馬券内として率が高いと思えるこの馬から入りたいと思います。

長期休養明け2戦目で前走を叩き台としてパフォーマンスを落としてくることはないだろうと思います。

内枠がどうかですがゲートの悪いタイプでもないのでここはこなしてくれるでしょう。

足抜きの良い馬場ならばさらに上げて来る可能性もありますし、相性の良い東京盃組。ここは無難にまとめてくれるはず。

相手が非常に難解。東京は現時点で当日雨の予報が出ていますので脚抜きは良くなる想定で考えてみます。

足抜きよくなれば前に行ける馬を拾ってみたいのでコーリンベリー・ノボバカラを上位に取ります。

キタサンミカヅキは外からスムーズに回して差してくる競馬が合っているはずで、この枠はマイナスになりそうなので評価を少し落とします。

ブルドックボスは連戦の疲労が気になるところ。おつりの無い状態のようにも思えるのでヒモまでとしたい。

問題はコパノリッキーです。まともに流れに乗れば圧勝してもおかしくないのですが、脚抜き良くなった場合を想定するとスピード負けするのではないかと思います。

良馬場なら評価をグッと上げたいところですが脚抜き良い馬場と想定するなら押さえの押さえというところでしょう。

JRA勢ではドリームバレンチノ・スノードラゴンは足抜き良い馬場想定ならば買い難い。

それなら地方勢からゴーディーを1枚押さえたいところ。

[最強]競馬ブログランキングへ

○コーリンベリー

▲ノボバカラ

△キタサンミカヅキ

△ブルドックボス

×コパノリッキー

×ゴーディー

以上の印で組み立てますが、良馬場ならコパノリッキーの印は○まで上げて、コーリンベリーを下げます。

JBCレディスクラシック

クイーンマンボで堅いと思っていたのですが、まさかの回避。こうなると混戦模様となりそう。

その中でもホワイトフーガが人気を集めるはずですが、調整過程に疑問が残ります。特に調教がいまいちですのでこの馬は人気を被ると結果が伴わないことも多く、危険な臭いがします。

ワンミリオンスも全くといっていいほど調整がいまいち。ここからは入りにくいですね。

ではレディスクラシックの本命はこちらですね。

アンジュデジール

前走の斤量差と着差を考えるとホワイトフーガが上位になるのですが、枠順と馬場を考えると逆転は十分にあるでしょう。

安定した戦績を残しているのも魅力で軸として信頼できそうなのはこちらのように思います。

クイーンマンボがいないのならば勝ち切るチャンスが出て来ましたね。

相手上位にプリンシアコメータとララベルをチョイスしておきたい。

ホワイトフーガは△筆頭として飛んでもおかしくない馬券を組み立てていきたいと思います。

ワンミリオンスとキンショーユキヒメは押さえ程度で。

◎アンジュデジール

〇プリンシアコメータ

▲ララベル

△ホワイトフーガ

△ワンミリオンス

△キンショーユキヒメ

以上でJBCクラシック・スプリント・レディスクラシック2017の予想を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞, 地方競馬
-,