競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【JBCレディスクラシック・JBCスプリント・JBCクラシック】予想。限定サイト。

2016/11/03

レースが終了しましたので公開しました。

JBCレディスクラシック・JBCスプリント・JBCクラシック予想限定サイトです。

こちらで3レースの予想をあげていきますのでよろしくお願いします。

JBCレディスクラシック2016予想

本命はトロワボヌール

前走は長期休養明けで+9キロ。ハンデ56キロを背負って久々の1400m戦。鞍上は田中勝春騎手。完全に叩き台の1戦だったはず。

ただ、内容的には条件を考えると上々の内容。直線は詰まってまともに追えない中で7着入線。

元々は牝馬重賞で絶対的存在でしたサンビスタとも互角に戦っていた馬です。前走を見る限りは衰えはなくここでは上位の存在でしょう。

レースも今回はある程度流れることが想定されるので好位で進めながらうまく立ち回れる本馬にとって向く展開になるでしょう。

鞍上は川崎をよく知る戸崎騎手へ乗り替わって大幅な鞍上強化。ここは買う材料が揃いました。

相手にホワイトフーガ

ここでは能力だけの比較をすると最上位でしょう。あっさり勝ってもおかしくない能力の持ち主だと思います。

内枠もダメというタイプではないので包まれても大丈夫だとは思いますが、下げてしまって後手に回る可能性もあります。絶対的な信頼とまではいきません。

3番手に地方からトーセンセラヴィ

現在8連勝11連続連対中です。前走はJRAで準オープンを走っていたグランフィデリオに完勝。1000万を勝ったばかりのタマノブリュネットが勝ってしまうような現在の牝馬限定重賞路線ならこの馬は十分通用するのではないかと思います。

川崎1600での実績もあります。馬格があるので最内をうまく捌けるかになるかと思いますが、器用さも持ち合わせています。勝ち負けまで持ち込める能力を持っているのではないでしょうか。

以下、前走がJRA勢と差のない競馬で上積みありそうなララベル。

ダート変わりがどうでるかわかりませんが、血統的には適正がありそうでいきなり走る可能性もあるレッツゴードンキ。

最後にタマノブリュネットまで。

アムールブリエは全く適正外のレースでしょう。切りでいいはず。ブルーチッパーも展開は厳しくなるはずです。

JBCレディスクラシックの印です。

◎トロワボヌール

〇ホワイトフーガ

▲トーセンセラヴィ

△ララベル

△レッツゴードンキ

△タマノブリュネット

JBCスプリント2016予想

本命はレーザーパレット。

地方ダート1400m重賞では複勝率パーフェクトでまだ崩れたことがありません。

非常に器用な差し馬で後方からでも内をするすると抜けて来ることが出来ます。前走の南部杯はまさにそのような乗り方でした。

後方待機でこの位置からでは出番がないかと思っていたところから内をするすると抜けてきて、3~4コーナーの傾斜がキツイ盛岡で何の問題もなく内をつき直線向いた時には先頭にたっていました。

さすがに1600mは長いのか最後は垂れてしまいましたが、1400mまでは先頭に立っていましたし距離はやはり1400mでベストなのでしょう。

前はかなりやり合うはずで厳しい展開になるはずで、そうなるとこの馬の器用さと差し脚が活きる展開になる。

柔らかく乗るルメールとも手が合いそうです。現在6~7番人気を想定されていますが舐められすぎでしょう。ここは買いの一手です。

相手にはベストウォーリア。

能力ではこの馬が断然。基礎的な能力だけで押し切ってしまう可能性もありますが、川崎のコース適正がどうか。直線距離とコーナーの傾斜は適正には合わないように思います。

展開は間違いなく向くと思いますが勝ち切れるかどうか。

3番手にソルテ。

おそらくハナを切るのは本馬。ダノンレジェンドは最内からなので被されて控えそうですしコーリンベリーとはやり合いそうですが枠の差でこちらが先手を取れるはず。先手を取ってしまえば前々から粘り込むならこの馬しかいない。

能力が通用するのはここまでのレースで証明済みですし地方馬の意地に期待。

以下、本命馬と同様に展開向きそうで先行が崩れたら突っ込んできそうなドリームバレンチノ。

前走はJRA勢の凡走があったとはいえ、ドリームバレンチノから0.4差の3着と健闘。ここでも再度の一発があるかもしれないプラチナグロース。

最後に展開は確実に不向きながら立ち回れることが出来れば上位進出も可能なダノンレジェンドまで。

JBCスプリント2016印です。

◎レーザーパレット

〇ベストウォーリア

▲ソルテ

△ドリームバレンチノ

△プラチナグロース

×ダノンレジェンド

JBCクラシック2016予想

本命はアウォーディー。

能力はもう疑いようがありません。モーニン・アスカノロマンを倒しているのならG1級で間違いないです。血統的にもレースを見た限りもスタミナ寄りで間違いなく、川崎2100mは合う。スピード寄りのレースでも勝てているあたりは能力の証でしょう。

鞍上の武豊騎手はコパノリッキーの強さと脆さを把握しているはずなので、すんなりとコパノリッキーを行かすこともしないはず。連勝を伸ばして一気に頂点に立つと見ます。

相手にホッコータルマエ。

前走は明らかに距離不足。全盛期でも敗れている舞台なので、その中で3着に粘れたのは能力がまだあることの証明でしょう。

それでいてこの馬に人気が集まらないのは帝王賞の負け方。コパノリッキーに2.4秒の大差をつけられての惨敗。このレースで能力が衰えたと評価されているのかと思いますが、前走を見る限りそこまでではないように思います。帝王賞は不良馬場のスピード勝負が合わなかっただけと捉えます。

今回はスタミナが求められる川崎2100m。この馬との相性は抜群のコースですしここは巻き返しを期待。前々でレースを進められそうですし残り目は十分。

3番手にサウンドトゥルー。

ここはノンコノユメと迷いましたがこちらを上位に。今年の川崎記念では同コースでホッコータルマエからタイム差なしの2着に好走。ホッコータルマエを対抗評価に押すのならば本馬も上位評価となります。

ただ、この馬も全盛期は過ぎた感が否めないので差し切るまではどうか。3番手とします。

以下、去勢明け初戦がどうかで適正も微妙なノンコノユメ。

今回はスタミナを問われそうで前で標的にされることからも展開不向きなコパノリッキー。

1番人気濃厚ですがここまでの連勝している展開とは違う形になるので苦しくなるはずです。

最後に自分の競馬が出来ればしぶといクリソライトまであげておきます。

JBCクラシック2016印です。

◎アウォーディー

〇ホッコータルマエ

▲サウンドトゥルー

△ノンコノユメ

△コパノリッキー

×クリソライト

以上で、JBC3重賞の予想を終わります。

好メンバーが揃って楽しみなレースばかりですね。ここをしっかり当てて週末の中央開催・海外競馬へ繋げていきたいです。

 

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞, 地方競馬
-,