競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

紫苑ステークス・セントウルステークス・京成杯オータムハンデ回顧

2016/09/14

こんにちわ。久しぶりの中央開催。土曜日は阪神競馬場に行って観戦していましたがやはり楽しいですね。ファンの皆さまも開催を待っていたのか土曜は阪神では重賞なしでしたがなかなかの観客数でした。今週末も行ければまた行きたいなと思ってます。では週末の3重賞回顧です。

紫苑ステークス回顧

全頭綺麗なゲート。1.3.4.6.8.10.16.17番が先手を取りに行くという流れ。先手主張したい馬が多数となり2コーナーまでですでに先手を取りに行った馬には厳しい流れ。内の前目で我慢していたのは3着フロンテアクイーン。中段やや後方に1着ビッシュ。2着ヴィブロスはその一列前でぐっと我慢。わたしの本命パーシーズベストは最後方。3コーナーにはいるところで7が一気に捲って先頭集団へ。併せてビッシュ・パーシーズベストも一気に進出開始しやや遅れてヴィブロスが進出。4コーナー回るころにはビッシュは先頭集団外目へ。内でじっとしていたフロンテアクイーンも一気に外へ持ち出す。その後ろに後方からヴィブロスとパーシーズベスト。直線はビッシュが一気に弾けて圧勝。ヴィブロスも外目から伸びたものの大差の2着。3着は接戦となったがフロンテアクイーンが残した。結果的にヴィブロスは福永Jが上手く流れを読んで伸びるべくして伸びた形。フロンテアクイーンも蛯名Jが4コーナーで外へ一気に出していなければ内で詰まって終わっていたでしょう。パーシーズベストは直線で外からヴィブロスにかぶせられたので内目選択狭いところを突くも届かず。外がとれていればという印象ですがこれは流れの中で仕方ない。パールコードは終始窮屈でコーナーでもかなり狭く走りづらそうにしていましたが最後まで伸びてました。と、いうことで次走の注目馬パールコードとパーシーズベスト。前者は先行スムーズならすぐ巻き返し。後者は広い阪神に戻るほうがいいでしょう。穴ならこの馬でしょうか→人気ブログランキングA。先手主張して苦しい競馬しながら最後まで踏ん張ってパールコードと0.3秒差なら次走スムーズで圏内でしょう。

セントウルステークス回顧

ゲートスムーズだったビッグアーサーが逃げる展開。行くと想定していたネロは行ききれず。変わってスノードラゴンがちょっと促すとすっと逃げるかと思わせるくらいで前へ。ラヴァーズポイントは3番手。ネロ・アットウィルと続く体制。直線まで体制変わらずビッグアーサーはそのままさらに突き放して押し切り。最後の坂でスノードラゴンが力尽きてネロが差して2着・ラヴァーズポイントが前目から残して3着。以下は差し馬がどっと押し寄せた。逃げたビッグアーサーはスローの逃げでもなかったのでただ強いの一言。結局先週の阪神の傾向のままで先行か内目かしかこれない展開となった。次走注目馬は特にいません。

京成杯オータムハンデ回顧

カフェブリリアントは絶好のスタート。そこからすっと下げて内目追走。前に行った馬は軒並み最後垂れたので戸崎Jの好判断となりました。ほぼ紫苑ステークスと同じような展開。後方待機のロードクエストとダノンプラチナが直線に向けてコーナーから進出。ロードクエストは想像通りのエンジンの違いを見せつけて1着。内の狭いところを突いた戸崎Jの好騎乗・好判断が目立ったカフェブリリアントが2着。3着にはロードクエストと共に直線伸びたダノンプラチナ。4着同着に上手く立ち回ってのダイワリベラルと恐らく1番この馬らしくないとう競馬だったクラリティスカイ。次走注目はは立ち回り活かせる舞台でダイワリベラル。広い舞台でもう一度クラリティスカイは見てみたいです。復調気配は明らかです。あとはペイシャフェリスとピークトラムはスムーズ先行なら通用しそうです。大野Jは紫苑ステークスといい前目での競馬が上手いですね。

以上重賞回顧でした。◎は4.2.1着。ただセントウルも京成杯も相手抜けで的中ならず。。。今週の重賞は当てたいです。面白いメンバーが揃っていますし楽しみですね。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬回顧
-