競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【キーンランドカップ2017】週中予想考察。穴注目は? 

キーンランドカップ2017予想考察です。

札幌競馬場芝1200mで行われるGⅢキーンランドカップ2017。サマースプリントシリーズの1戦ですが、スプリンターズカップを睨んだ馬とサマーシリーズを取りに来ている馬が出走してくる重賞ですね。

GⅠを睨んだ格上馬を取るか、サマーシリーズを取りに来ているメイチの馬を取るか。難しいスプリント重賞になります。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


早速考察してみようと思います。

人気馬の好走率高い。前に行く馬が圧倒的に優位。

まずは札幌で行われた過去5回の3着以内好走馬を見てみます。

上位人気馬の好走率が高いレースと言えます。1番人気の複勝率は100%ですし、勝ち馬のほとんどが3番人気以内から出ています。

2桁人気の馬の好走はありませんし上位勢が人気に答えている形となっていますね。

ただ、1番人気は1勝しか挙げていないように複軸としては良いかもしれませんが、頭から買う場合はしっかりと検討することが必要でしょう。

年齢別に見てみると3~5歳馬が5勝2着3回3着4回と圧倒的な数値。スプリント戦らしくスピードの要求値が高いということでしょうか。

4角位置から見てみると、前にいればいるほどに好走率が上がります。後方の位置取りになればその分だけ率が下がります。

好位抜け出しが好走の基本線ですがどの馬が逃げるかの考察も枠順含めて重要となります。

血統

フジキセキの血が目立ちます。フジキセキ・キンシャサノキセキ産駒もしくは母父フジキセキには注目しておきたい。

フジキセキが走る舞台では合わせてタイキシャトルもよく走ります。ここも頭にはいれておきたいところですね。

他にはノーザンダンサー・ボールドルーラーに注目。ノーザンダンサーのクロスもしくは父か母父にノーザンダンサーの血を持たない馬が3着以内に入ることはほとんどありません。

ボールドルーラー内包馬の好走も目立っています。

5代前くらいまで血統表をしっかりと見ておきたいところです。

前走内容

前走準オープン馬の好走もあります。前走1600万以下の馬は勝利が条件です。

オープン特別出走馬は3着1回のみと絶望的な数値。ここから入ることは非常に危険だと思えます。

前走重賞馬の好走が目立つレース。3着以内のほとんどを前走GⅢ組が占めていますが、好走率でみるとGⅠ組に注目しておきたい。

前走GⅢ組は全て前走サマーシリーズ出走馬。尚且つ負けていても0.5秒差までの敗戦が好走の条件となっているようです。

キーンランドカップ2017注目馬は?穴馬は?

今年も混戦メンバー。おそらく1番人気はモンドキャンノになるだろうと思いますが、マイル仕様に切り替えられたあとのスプリント戦でどうでるか。目標は先になるだけに試金石となる1戦。

では今年のキーンランドカップ注目馬と穴馬ですがこの2頭をピックアップしたいと思います。

まず人気サイドからはこの馬ですね。

人気ブログランキングA

前走はヴィクトリアマイルでしたが0.3秒差で5着。距離マイルはやや長いはずですので東京マイル粘り切ったのは勝ちがあります。

今回は適距離と言えるスプリント戦に戻ります。昨年の内容からは洋芝は問題ないでしょうし、格としても上位の存在になります。

血統的にもケチをつけるところはありませんし、脚質も向いてくるはず。ここで好走してスプリンターズステークスに進んでほしいところ。

もう1頭は穴からこの馬を

[最強]競馬ブログランキングへ

まだ重賞勝ちはありませんが、メラグラーナと僅差の競馬が出来ることからGⅢレベルなら十分に勝負になる馬だと思います。

前走は高松宮記念でしたが外枠から果敢に行き過ぎた結果8着でしたが、枠と展開は全く向かなかった印象。好位差しの競馬があっており、レースセンスも高い馬なので内目の枠からインの好位を奪って直線ちょい差しが決まればというところ。

内目に入れば重い印候補になりそうです。

以上でキーンランドカップ2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-