競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【京王杯2歳ステークス2017】予想。データで好走馬絞りだし!

京王杯2歳ステークス2017予想です。

東京芝1400mで行われる京王杯2歳ステークス2017。今年はタワーオブロンドン・アサクサゲンキ・タイセイブライトらが出走を予定。

素質ある馬が敗れることでも有名な京王杯2歳ステークス。非常に難解ですがしっかり的中させたいですね。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では予想に入ります。

京王杯2歳ステークス2017予想と印

過去のデータとしては前走で上がり3位以内にまとめていないと厳しいレース。前走上がり3位以内の馬が5勝2着4回と連対馬のほとんどを占めています。

また、前走で1・2番人気に支持されていた馬が4勝2着5回とこちらも連対馬のほとんどを占める結果。

前走で1・2番人気で尚且つ上がり3位以内の馬は非常に好走率が高いことになります。

前走距離別で見ると、1200・1400m組で5勝2着3回とこちらも連対馬の大半を占める結果。

データとしては前走上がり3位以内・1~2番人気・距離1200~1400mからの臨戦馬が狙いどころとなるレースとなります。

そしてポイントとしては将来性があるような馬はここでは厳しいということ。

過去の結果を見ても将来重賞でバシバシ走るような馬は敗退することが非常に多いです。

正直なところこの馬が絶対視と出来るような馬はいませんし、データに当てはまる馬を上位に取って予想してみようと思います。

ではそろそろ予想に入ります。本命はこの馬にしました。

人気ブログランキングF

鞍上で人気になる可能性はありますが、この馬は将来性は正直ないでしょう。

前走でオープン勝ちを飾っていますが走破タイムとしてはかなり低調。戦った相手自体も低レベルでここで通用するのかとなってしまいます。

ただ、はっきりとした素質馬はここでは何故か敗退することが多いですし、夏の重賞を勝っている馬も成績はいまいち。

そうなるとこの馬に白羽の矢が立つことになりますね。

前走低調なので玄人層には嫌われるはずで、そこまでの人気にならないと思うので逆にこの京王杯2歳ステークスという条件なら狙ってみたいところ。

前々につけることが出来る脚質も魅力ですし、そこまでキレる馬がいないこのメンバーなら押し切ってくれるのでは。

相手にカシアス

前走はメンバー的にも低調なので重賞勝ちと言えどもそこまで重要視しないで良いかと思います。

ただ、キンシャサノキセキ産駒は同舞台と好相性ですし、前走で人気に答えて上がり上位の脚をしっかりと使っている点は評価しておきたい。

鞍上の浜中騎手は同重賞との相性も良く再度の好走があるのでは。

3番手にタワーオブロンドン

キレるタイプではないので東京ではキレ負けしてしまう可能性があり3番手評価としました。

ただ、先週のような力の要る馬場ならばこの心配は不要のモノとなり、しっかりと着内には持ち込んで来るでしょう。

当日の馬場次第にはなりますが、いずれにせよ能力上位は間違いなく、データ的に嫌うところもないので上位に評価しておきます。

穴で注目したいのはこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

前走がかなりの極悪競馬だったので反動が心配ではありますが、あの馬場で出遅れて後方からになったにも関わらず、3着までもってきたのは能力があってこそでしょう。

印すっこぬけになっていますが、そこまで能力として差があるようには思えません。

相性の良いキンシャサノキセキ産駒で同コースを経験していることは魅力ありです。

反動だけが心配ですが、まともにゲート出て走ってくれれば上位に入ってきてもおかしくないと思います。

以下、トーセンアンバー・エントシャイデン・アサクサゲンキとして押さえにピースユニバースとします。

京王杯2歳ステークス2017印です。

◎人気ブログランキングF

〇カシアス

▲タワーオブロンドン

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

△トーセンアンバー

△エントシャイデン

△アサクサゲンキ

×ピースユニバース

以上で京王杯2歳ステークス2017予想を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞
-