競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【京成杯オータムハンデ2017】週中予想考察。大穴注目馬は?

京成杯オータムハンデ2017予想考察です。

中山芝1600mで行われるGⅢ京成杯オータムハンデ2017。今年はグランシルク・マルターズアポジーらに注目が集まります。

秋への始動戦でもありサマーマイル最終戦でもある重賞です。

過去5年で1番人気馬は1度しか馬券に絡んでいない荒れる重賞です。今年も大荒れになるのか注目ですね。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では考察に入っていきます。

持続力と最後の加速が問われる舞台。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

5年で出していますが、改修後の中山で行われているのは過去2年なので実質的にデータとして使えるのは過去2年分ということになります。

改修前後で比較すると決定的に違うのは走破タイム。5年前にはレコード決着もありましたが、ここ2年は1分33秒台あたりでの決着となっており3秒近くは時計がかかる馬場になりました。

これはエアレーションの影響が強く出ているということでしょう。

ラップを見てみると一定のラップを刻みながらの短い直線での加速が必要となっています。

中山マイルという舞台で持続力を求められながらに最後にはグッと伸びる力が必要とされています。

血統

上記のような傾向通りに血統を見てみても、改修後は持続力に富んでいる血統が並んでいます。

ボールドルーラー・ナスルーラには注目しておきたいですね。サンデー系でもパワー型もしくは持続力の補填が効いていることが前提となりそうです。

京成杯オータムハンデ2017注目馬は?穴馬は?

ロードクエストは回避となりましたね。メンバー的にはかなりの混戦メンバー。

マルターズアポジーを筆頭に逃げたい・前に行きたい馬も揃いましたので淀みない流れになるはず。

やはり持続力とグイっと伸びる加速が必要となりそうです。

今年のメンバーで注目したいのはこの2頭です。大穴の激走もある重賞ですし期待したいですね。まずはこちら。

人気ブログランキングC

前走は外有利馬場で外差しが決まっていた舞台。その中で逃げて最後まで粘り通した内容は評価出来ます。

行ってしまえば非常にしぶといタイプ。今回は徹底逃げのマルターズアポジーやウインフルブルームが居るので相対的に2~3番手からの追走になると思いますが、この馬は番手からでも問題はありません。

未勝利を勝利してからの複勝率は100%と非常に安定した戦績。差し届く舞台なので勝ち切りはどうかですが、連軸としては狙いが立つか。2~3番手からのチョイ差しに期待したい。

穴候補としてこの馬に注目です。

[最強]競馬ブログランキングへ

血統的には中山向き。持続力ありそうでこの舞台との相性は良いでしょう。

前走と2走前を比較する限りは先手を取るよりは控えて末を活かす競馬が合っていそうです。

徹底先行を示唆しておらず控える競馬もあるなら十分圏内にある馬のはずで陣営のコメントにも注目しておきたいです。

枠は外目の枠が良さそうです。外目の枠で徹底先行を示唆していなければ大穴で注目したいですね。

以上で京成杯オータムハンデ2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-