競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【菊花賞2017】週中予想考察。注目血統は?穴馬は?

菊花賞2017予想考察です。

京都競馬場芝3000mで行われるGⅠ菊花賞2017。今年はアルアイン・キセキ・ミッキースワローらが登録しています。

牡馬クラシック最終戦となる菊花賞。全馬が初体験となる3000m戦を制するのはどの馬になるのか。

過去の結果から傾向を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

記事下アドセンス

今年は菊花賞血統に注目

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

近年の菊花賞は長距離血統保持馬ではなくマイラーでも好走出来てしまっています。

昨年のエアスピネルや一昨年のリアルスティール等が代表的ですね。

一昔前まではリアルシャダイ等の超長距離血統保持馬が大活躍していましたが、ここ数年で見ると長距離血統の代表格のトニービンを持っていた馬はわずかに1頭。

サンデーやキンカメといった現代競馬に求められるスピードを持っている馬が好走している現状があります。

ただ、過去5年の登録メンバーと今年のメンバーを比較すると今年は明らかに小粒。

ダービー馬は不在で、ステップレースの神戸新聞杯を制した馬も不在。

今年のクラシックで掲示板を外していないアルアインは1000万条件を勝てなかったミッキースワローに完敗。

今年はダービー上位3頭が全て不出走でダービー最先着馬はアルアインになるのですが、ここを物差しにしても夏の上り馬で十分に勝負になるように思います。

こうなるとはっきりとスピード上位の馬は不在であり、ここ数年の菊花賞とは違って血統面で菊花賞というレースに当てはまるような馬が大きくパフォーマンスをあげてくるのではないかと思っています。

はっきりとした軸馬が不在で大混戦模様。こうなると各陣営は勝ちに動いてくるはずで、レースは例年にましての持久力・持続力を問われる展開になるのでは。

こうなると血統というスパイスが効いてくる可能性に賭けてみたくもなります。

血統

その血統ですが、ベタなところはやはりトニービン。京都の長距離血統と言えばトニービンを外すことは出来ません。

ロベルト系も含んでおかないといけないでしょう。

ベタなところだとトニービンとロベルトの血を持つ馬が数年前まで好走していたことから、今年はここに注目したい。

サンデー系ならダンスインザダークやスペシャルウィークのようにキレ負けするスタミナ優位な血統に注意したいところ。

菊花賞2017注目馬は?穴馬は?

先に書いたとおり今年の菊花賞はオッズが示す以上に混戦と予想します。

アルアインがあっさりとミッキスワローに負けたことが全てを物語っていると思っています。

ここでは血統面から推奨できる注目馬と穴馬をピックアップしてみたいと思います。

人気どころではこの馬に注目しています。

人気ブログランキングA

血統背景をみるとまさに京都長距離を走るための血統と言えそう。

父トーセンホマレボシは京都新聞杯の勝ち馬で京都長距離血統と言えばのトニービンも持っており、京都長距離を走る血統をそのまま持っている馬と言えるでしょう。

前走の勝ちっぷりから上位人気になることは濃厚ですが、前走よりパフォーマンスを下げるイメージは血統背景からは沸きません。

人気どころではこの馬を軸として注目しています。

穴馬としてはこの馬でしょうか。

[最強]競馬ブログランキングへ

抽選組なのでまずは抽選突破することが条件になります。

1/7の狭き門となりますが、是非とも突破して出走を叶えてほしいところ。

血統的には長距離を走るための血統と言えます。血統の字面通りに全くキレない持久力・持続力に富んだ馬なので、今年の菊花賞ではこの血は活きて来ると思っています。

前走は神戸新聞杯でしたが、今回1~2番人気濃厚なキセキとわずか0.4秒差に好走しており、オッズほどに能力差は感じません。

京都3000mという特殊な舞台ならこの差は十分に逆転可能。抽選突破すれば重い印を打つ候補になるでしょう。

この他にも注目したい馬は数頭いますが、まずは内目の枠がとれるかどうか。

内でロスなく立ち回れることが好走条件とも言えるので枠順発表と出走馬が確定する週末が楽しみです。

以上で菊花賞2017週中予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-