競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【神戸新聞杯2017】最終予想。上り馬が制する?

神戸新聞杯2017予想です。

阪神芝2400mで行われるGⅡ神戸新聞杯2017。今年はダービー馬レイデオロ・上り馬キセキに人気が集まりそうです。

菊花賞最重要ステップとなるレースですが、ここを制して菊花賞最有力馬となるのはどの馬になるのか。注目が集まります。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速予想に入ろうと思います。

神戸新聞杯2017予想と印

神戸新聞杯の考察はこちらの記事もご覧ください

神戸新聞杯2017週中予想考察

神戸新聞杯は立ち回り勝負のように先行してそのまま前々で決まるようなことはほぼありません。

直線向いて末脚を追ってグイグイと伸ばしてくるようなタイプが勝ち切ることがほとんど。

強い馬がそのまま結果を残しやすいレースと言えます。

また、上り馬が好走してくるのも特徴です。毎年のように前走1000万条件で走っていた馬が好走していますね。

今年もダービー組と上り馬の取り捨てを考えていくことになると思います。

展開を考えるとおそらくマイスタイルの逃げでやや縦長になるのではないでしょうか。内回りの2000m戦等でなら行った行ったを狙ってもよいのですが、今回は末脚勝負の神戸新聞杯。単純に長く良い脚を使ってグイグイ伸びて来る馬を選択したいと思います。

では本名ですがこの馬としました。

人気ブログランキングA

週中から注目馬として挙げていましたが、ここはそのまま変えずに本命としたいと思います。

前走は新潟の1000万条件戦でしたが、楽な手ごたえで突き抜けて完勝。最後は流していましたし鞭も入っていません。まだまだ余力十分といった内容でした。

春は完全に人気先行となっていましたが、やっと内容が追い付いてきたというところでしょうか。

特別戦・重賞となると頼りになる鞍上も魅力ですね。春の実績馬に先着するとすればこの馬しかいないでしょう。

相手にはレイデオロ

御存じダービー馬です。ダービーはルメール騎手の好騎乗があったことは事実ですがそれでも崩れたレースは長期休養明けの皐月賞のみ。

その皐月賞も大きく崩れたわけではなく非常に安定した戦績を残しています。

上がり33秒台が必要とされるレースになるとこの馬は苦しいかもしれませんが、34秒台で勝負になる神戸新聞杯なら問題ないでしょう。

ダービー馬として恥ずかしくない内容の競馬をしてくれるはずです。

3番手にサトノアーサー

致命的なレースセンスの無さを抱えているので器用さを求められる舞台では切りとして良いのですが、今回は長く良い脚が求められる舞台。

そうなるとこの馬にチャンスが巡って来るように思えます。おそらく位置取りは後方からになると思いますが、この馬の末脚は本物です。

ダービーは完全に展開向かずでしたが、2走前・3走前を見る限りはこの舞台への適正が高いと思います。素直に3番手評価。

では穴で注目したい馬ですがこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

血統的には日本の馬場にはマッチしないはずの血統。重すぎる血統ですね。

それでいてここまで3歳戦で上位に位置しているのは能力があってこそでしょう。

スローからの瞬発力戦ではさすがにどうにもならずに分が悪すぎるので前走のダービーは全く展開向かずでしたのでノーカウントとして良いでしょう。

今回は長い末脚・持続力問われる舞台へと変わって大きくパフォーマンスを上げてくる可能性が高いかと思います。

舞台替わりで大きく条件が好転するのはこの馬ですね。

以下、カデナ・アドマイヤウィナー・ダンビュライトまでを挙げておきたいと思います。

神戸新聞杯2017印です。

◎人気ブログランキングA

○レイデオロ

▲サトノアーサー

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

△カデナ

△アドマイヤウィナー

△ダンビュライト

以上で神戸新聞杯2017予想を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞
-