競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【小倉大賞典2017】予想考察。持続力が問われる。

小倉大賞典2017予想考察です。

小倉競馬場芝1800mで行われるGⅢ小倉大賞典2017。今年はマイネルハニー・ベルーフ・クラリティスカイ・フルーキー・マルターズアポジーらが登録しています。

大混戦模様の小倉大賞典ですがここを制するのはどの馬になるか。フェブラリーステークスの裏で注目の重賞となります。

早速考察に入ります。

末脚の持続力が問われる

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。

中団~後方に構えた馬がその持続力を生かした長い脚を使って上位に食い込んでいることがわかります。小倉中距離戦らしく明らかに持続力>瞬発力となっています。レースのラップをみても1コーナーの登りで一旦緩んだ後は3コーナーに向かってじりじりと上がるラップからゴールに向かって持続する脚を使っていることがわかります。他の競馬場で切れ負けしていたような馬がこの舞台で変わり身を見せそうですね。

血統

ミスプロ系の好走率が高いですね。サンデー×ミスプロが良く走っています。ノーザンダンサー・ボールドルーラーのスピード持続タイプの馬にサンデーが加わるのも良さそうです。スピード+持続力血統ということになりますね。

枠順

はっきりと内枠有利な傾向が出ています。過去5年で連対馬の全てが4枠までの内枠となっています。3着こそ6枠から3頭でていますが7~8枠は全滅。そこには小倉中距離に適性のあるベルーフらの人気馬も含まれており、枠傾向は注意したいですね。

小倉大賞典2017好走注目馬は?

メンバーを見る限りはかなりの混戦模様。オッズもおそらく単勝1桁の馬が5頭前後出るようなオッズになるのではないでしょうか。上にも書いたようにまずは枠順ありきとはなってしまいますが現段階で注目している馬を2頭挙げておきたいと思います。まずはこの馬を。

人気ブログランキングE

小倉記念で2年連続2着好走。昨年の小倉大賞典は不利な大外枠から0.2差の6着。小倉中距離への適正は言うまでもありません。前走は持続力勝負となったチャレンジカップで好走しており、昨年の秋には京都の上り勝負にしっかり対応したことからも本格化してきたと言っていいでしょう。鞍上はやや不安ではありますがここは上位評価が必要な1頭となりそうです。

もう1頭はこの馬を挙げます。

FC2 ブログランキングE

小倉中距離には抜群の適正は見せている本馬。ここ数戦は距離・展開と言い訳のきく敗戦ばかりなので的条件のここに戻って一気の変わり身があるのではないでしょうか。斤量はちょっと重いなという印象を受けましたが、おそらく人気も8番人気前後で落ち着くはずです。過去の小倉での好走を見る限りは内枠を引くことがなによりの条件とはなりますが、内~中枠なら狙いたい1頭となりそうです。

以上で小倉大賞典2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-