競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【京都記念2018】週中予想考察。穴注目馬は?

京都記念2018予想考察です。

京都競馬場芝2200mで行われるGⅡ京都記念2018。今年はレイデオロ・モズカッチャンらが登録しています。

今年も好メンバーが揃いました。この高レベルなレースを制するのはどの馬になるか。

早速考察をすすめていきたいと思います。

スポンサーリンク

記事下アドセンス

キレより持続力。最後まで伸びきれる脚があるか。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

サトノクラウンが2年連続で勝ち切っている点からも冬の芝戦ということで、スピードよりもパワーが必要になります。

キレはあまり必要とはされず、いかに最後までバテずに伸びきれるかがポイントになりますね。

そして小頭数の競馬という点もポイント。例年小頭数で行われることがほとんどなのですが、小頭数なので各馬不利も受けにくく最後は追い比べになると見て良いでしょう。

さらに格が重要とも言えます。前走GⅠ組の好走率が非常に高く、GⅡ組はほとんど馬券に絡んでいません。

前走GⅢ組も2頭勝ち切っていますが、この2頭はGⅡ以上で連対実績がある馬でした。

血統

ディープ含めてリファールの血はかなり良さそうですね。

あとはサドラーズウェルズやトニービンといった欧州の持続力血統が相性良いように思えます。

血統背景からも持続力勝負であることが伺えますね。

京都記念2018注目馬・穴馬は?

今年のメンバーを見る限り、前走GⅠ組以外は正直厳しいと思います。

この時点で4頭が消えるので実質的には6頭の競馬と見てよいのではと思っています。

1番人気はおそらくレイデオロでしょう。ジャパンカップでは外々を回しながら2着に好走。内容的にはシュヴァルグランより上だったと思います。

レイデオロ自体も持続力勝負に長けておりここでの凡走は考えにくい。この馬は堅実に走るでしょう。

では注目馬としてはこの2頭をピックアップしておきたいと思います。

まずはこの馬を。

人気ブログランキングA

洋芝での強さと2走前の重い馬場でのGⅠ勝利を考えると前走からは条件好転と言えるでしょう。

前走は立ち回り決着となってしまったのでノーカウントして良いだろうと思っています。

内々を上手く立ち回るようなレースセンスは持っていないので小頭数の競馬になる点はかなりプラスに働くはずですし、追い比べになれば非常に面白い1頭になります。

もう1頭はこの馬でしょう。

[最強]競馬ブログランキングへ

前走の内容を見てもこの馬の特徴はとにかくバテずに最後まで伸びきる力があるという点ですね。

キレ勝負になってしまうと全く出番はありませんが、持続力が問われるような馬場・展開になると一気に浮上してくるはず。

前々で上手くポジションが取れれば押し切ってしまえる能力を持っていると思いますし、レイデオロが中団で構えるような競馬を選択してこれば残り目十分あるでしょう。

以上で京都記念2018週中予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-