競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【京都新聞杯2017】予想考察。注目の穴馬は?

京都新聞杯2017予想考察です。

京都競馬場芝2200mで行われるGⅡ京都新聞杯2017。今年はインヴィクタ・サトノクロニクル・プラチナムバレットらが登録しています。

ここでダービーへの出走権を得るのはどの馬になるのか。注目の重賞となりますね。

早速予想に入ります。

加速力と末脚の持続力。

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。

上がり上位の馬の馬券絡みが多いですね。究極の上がり勝負の瞬発力戦とはならないですが、スローの展開から一気にトップギアにいれるとこが出来る加速力とそのトップギアを長く持続させる末脚の持続力が問われるレースとなっています。

前走で上がり3位以内で走っていた馬は1着4回2着4回3着5回と馬券内のほとんどを占めています。前走で上がり上位で好走している馬には注目ですね。

前々で残した馬は3頭いますがそれぞれ血統の後押しもあるスタミナ・持続力タイプの馬ですね。そしてそれぞれが人気薄での好走。穴っぽいところを拾っていくならこういうタイプは見逃せません。

血統

ディープインパクト産駒が過去5年で9頭絡んでいます。ディープ産駒が走りやすいレースなのでやはりスピードと加速が問われているということでしょう。

他にスピード型の血統に持続力タイプがかけられている血統は良いですね。サンデー系にノーザン系・グレイソヴリン系は注意しておきたいです。

枠順

この時期の京都はまだまだ内が伸びる馬場ということもあるのか内枠のほうが優位と見て良いでしょう。過去5年の勝ち馬4頭は2枠から出ています。

馬番1桁の馬が1着5回2着3回3着3回となっています。まずは内枠の馬から入ることが的中への近道かもしれません。

前走

前述したとおりに前走で上がり3位以内の馬が馬券内のほとんどを占めています。さらに前走1着馬が過去5年で全勝です。上がり上位で勝ち上がってきている馬には要注目です。

上がり4位以下で馬券に絡んでいるのはどちらもディープ産駒。いずれにせよディープ産駒には注意したいレースとなります。

京都新聞杯2017好走注目馬は?穴馬は?

インヴィクタがルメール騎手鞍上も手伝っての1番人気なるか。ただ、重賞で1番人気になるような馬とも思えませんし、血統的にもここは違う気がしています。危険な臭いもしますね。

では、おそらく上位5番人気までは入ってこないと思いますが、気になる穴っぽい馬を2頭挙げてみようと思います。まずはこの馬から。

人気ブログランキングB

前走は7着に敗れていますが内で詰まって全く追えず。手応えは抜群でしたので、空いていれば突き抜けていたような内容でした。そこでの勝ち馬プラチナムバレットが人気になるならこの馬は注目したいです。

過去にはアドミラブルと0.4差に好走していることもあるので能力的には十分足りると見ます。内回りよりは明らかに外回りで伸び伸び走るほうが良いタイプなので、出走してくるなら買ってみたい1頭です。

もう1頭はこの馬になります。

[最強]競馬ブログランキングへ

今年はディープインパクト産駒が2頭登録していますが買ってみたいのはこちらですね。前走はアドマイヤアゼリが早めに競りかけてきて苦しい展開ながらに4着に粘りました。

新馬戦ではアドマイヤロブソンに先着しており、その内容からは通用するモノは持っているように思います。

全く人気にはならないと思いますが、こういう時のディープ産駒は逆に怖いです。内目の枠が取れれば印は上位にくるかもしれません。

以上で京都新聞杯2017予想考察を終わります。

PR

無料メルマガ「競馬力向上委員会」

大阪杯を皮切りに春のGⅠ戦線が開幕です!「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースや次走注目馬などを配信しています。お値段は・・・無料です!仕事の都合で確実にメルマガを配信できる保証が出来なくなりそうなので、無料コンテンツとすることにしました。無料メルマガの詳細はこちらからご確認ください。

メルマガの詳細はこちら→「競馬力向上委員会入口」

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-