競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【京都新聞杯2017】最終予想。本命と穴注目は?

京都新聞杯2017予想です。

京都芝2200mで行われるGⅡ京都新聞杯2017。今年はインヴィクタ・サトノクロニクル・プラチナムバレットらが出走を予定しています。

ここを制してダービーへの切符を手にするのはどの馬になるのか。注目の3歳重賞となります。

早速予想に入ります。

京都新聞杯2017予想と印。

京都新聞杯が行われるのは京都2200m外回り。上がりの脚は重要となりますが、残り4~5ハロンくらいを追ってしっかり伸びる事が出来る末脚の持続力がまずは問われることになります。

また、過去のレースのほとんどがスローペース。スローから一気にトップギアに切り替えることが出来る加速力が必要となります。スローから一気のペースアップに対応出来て、尚且つ長く良い脚を伸ばせるタイプが上位に食い込んでいると言えるでしょう。

今年は小頭数でのレースとなりますので後方からの馬が大外を回される不利もそこまで考えなくて良いでしょう。単純に長く脚を伸ばせるかどうかをベースに考えていけそうです。

最後に道悪になるかどうか・・・という点ですが、関西地区はそこまでの雨にはならない予報。馬場に大きな影響を与えるまではないと見ます

以上のファクターから、本命はこの馬にしました。

人気ブログランキングF

前走はドスローの展開で上り最速の脚を使って2着。ただ差し切れなかった点にはやや不満が残ります。ただ、スッとギアを変える能力と長く良い脚を使える点ではこのメンバーでは上位と見て間違いないでしょう。

血統的にはやや勝ち味に遅いタイプ。前走のような差し届かずのパターンがあるかもしれませんが、馬券内には顔を出してくれているはずです。

相手にミッキースワロー

前走はまだまだ余裕のある勝ちっぷりでした。3戦連続で上り最速の脚を使えており、追ってしっかりぐいぐい伸びるタイプでしょう。

持続力と言えばこの血統とも言えるトニービン持ちで父も同舞台勝ち馬トーセンホマレボシ。いかにも走りそうなのですが、気になるのは鞍上。京都では全く実績も経験もありません。能力的には本命にしたいところですが、この点が割り引きで対抗評価とします。

3番手には穴でこの馬を。

[最強]競馬ブログランキングへ 

前走は内でどん詰まり。手応え抜群だったので空いていればまず間違いなく勝ち負けまで持ち込めていたはず。飛びの大きい馬なので小頭数の外枠はかなりプラスに働くでしょう。

サトノクロニクル・アドミラブルと0.2差に未勝利時代に好走しており、能力的にはここでも通用するはずです。展開嵌れば頭まであっても全くおかしくないと思います。

以下、ダノンディスタンス

前々で粘り込むならこの馬のように思います。ルーラーシップ産駒はダンビュライトのように早めに動いて前々で長くじりじりと伸びる脚を使う方が良いのではないかと見ています。積極的に動ける鞍上ですし、ベストアプローチに先着しており能力的には通用するか。

インヴィクタ

ルメール騎手鞍上のノーザンF産駒。佐々木オーナーに友道厩舎といかにも走りそう。長く脚を使えるのですが、どうも切れ負けしそうなイメージ。押さえとします。

ゴールドハット

飛び大きくいかにもこの舞台との相性は良さそうに見える。切れる脚は使えないがじりじりと長く伸びる脚があり一発あるかもしれません。

最後にプラチナムバレットまでとします。

京都新聞杯2017印です。

人気ブログランキングF

ミッキースワロー

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

ダノンディスタンス

インヴィクタ

ゴールドハット

×プラチナムバレット

以上で京都新聞杯2017予想を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞
-