競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【目黒記念2017】週中予想考察。注目馬は?穴馬は?

目黒記念2017予想考察です。

東京芝2500mで行われるGⅡ目黒記念2017。今年はヴォルシェーブ・カフジプリンス・モンドインテロらが登録しています。

ダービー後の重賞という事でも注目が集まりますが、ここを制してGⅠ戦線に繋げていく馬はどの馬になるのか。非常に楽しみな重賞でもあります。

早速考察に入ります。

スタミナと末脚の持続力勝負。速い上がりは出ない。

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみましょう。

日本ダービーから距離は100mしか変わりませんが、傾向はガラッと変わります。スタート地点が100m後ろにズレることになるわけですが、100mズレると直線の坂の下からのスタートになるので坂を2回超えるコースとなります。

したがってスタミナや持続力が問われるレースになりがちです。ダービーとはうって変わって中団~後方で脚をしっかりとタメて長く良い末脚を伸ばせる馬・末脚の持続力がある馬が好走傾向にあります。

4角の通過順を見てみても、後方10番手からの馬が5頭、7番手の中団以降に絞ると11頭の馬が3着以内を占めていることになります。

前走の位置取りを見ても、4角7番手以下の中団~後方待機馬の好走率が高めに出ています。逃げ馬は全滅で先行勢が数頭入っている程度。

前から残せる馬は過去に長距離重賞で先行して結果を残している馬がほとんどです。前から行く馬を狙うなら過去に先行して重賞で結果を残しているかに注目したいところ。

血統

スタミナ型のサンデー系やグレイソヴリン系、スタミナ型のノーザンダンサー系が良く走っているように感じます。

血統の傾向を見る限りは、やはりスタミナ・持続力が問われていると言う事でしょう。2400mではキレがなく競り負けるタイプが逆にここでは走って来るイメージでいいのではないでしょうか。

前走

ハンブルグカップ・メトロポリタンのオープン組と長距離重賞組がほとんど。天皇賞(春)大敗組の巻き返しも多いです。過去5年では条件戦上がりの馬は全く絡んで来ていません。過去10年くらいで見ると条件戦上がりの馬の好走もありますね。

目黒記念2017注目馬は?穴馬は?

今年は前走を見た段階でここに出てこれば必ず買いたいと思っていた馬がいます。おそらく1~2番人気に支持されてしまいますがこのメンバーでは勝ち負けまではまず間違いなく持ち込めるはず。素直に評価したいです。この馬ですね。

人気ブログランキングB

前走はメトロポリタンステークスでしたが、その内容は直線完全に詰まってしまって大きな不利を受けました。出すところを探しながら外に切り出すまで手綱を引きっぱなし。

実質ラスト1Fから追い出す競馬でしたが完勝。ノーステッキでの勝利ですし、着差以上に能力の違いを見せつけたレースでした。

同じ組の馬にはまず間違いなく負けないと思いますので、他レース経由組との上位争いになると思いますが、差し当たって強い馬も見当たらず。ここは勝ち負けまで持ち込むことは濃厚でしょう。おそらく当日もこの馬に本命を打つと思います。

穴で注目したいのはこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

これで4回目の目黒記念出走となります。過去3回は4・1・3着と適正は十分に示しています。

近走の成績は冴えないですが、ジャパンカップ・有馬記念は相手も揃っており仕方がないと思います。ただ、4走前の京都記念はキタサンブラックから0.4秒差の5着。前走は金鯱賞13着ですが着差はわずかに0.5秒差。GⅡレベルではまだまだ通用することは示していると思います。

この馬はとにかく内枠時に激走する傾向にあります。京都大賞典や2年前の目黒記念、さらには札幌記念激走時は全て内枠。

内枠からそのレースセンスを存分に発揮することが出来るならば今年も続けて好走しても全くおかしくありません。

高齢馬ということで嫌われると見ていますが、このレースは速い上がりが必要とされるレースではないので時計的にも高齢馬が走れるレースと見て良いでしょう。

8~10番人気あたりを想定していますが、内枠を引けば重い印を考える1頭になりそうです。

以上で目黒記念2017週中予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-