競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【新潟2歳ステークス2017】週中予想考察。穴注目は?

新潟2歳ステークス2017予想考察です。

新潟競馬場芝1800mで行われるGⅢ新潟2歳ステークス2017。2桁人気馬の激走もあり、穴馬を上手く拾えるかが的中に近づく条件になりそうです。

ここから来年のクラシック戦線を賑わす馬が現れるのか。楽しみな2歳重賞です。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察に入ります。

上がり上位の馬を狙う。注目は米国血統。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

前走1着馬が大半となっているのは新馬・未勝利勝ちでここに駒を進めている馬が多いからですね。

前走オープン戦以上だった馬の出走自体が少ないのですが、カコ5年よりもさらに遡っても勝ち馬は新馬・未勝利組がほとんど。

前走新馬・未勝利で上位人気に支持された馬が中心となります。

その中でも上がり上位の脚を使って勝ちあがってきた馬には注目です。

上がり1・2位以外は馬券に絡んでおりません。前走でしっかりと上りをまとめていた馬が狙い目となります。

枠順をみるとやや外枠が有利な傾向。6~8枠に入った馬の方がやや好走率は高め。

ただ、内の馬が来ない訳ではないので、迷ったら外枠くらいの考えで良いのかなと思います。

血統

注目したいのは米国血統ですね。このレースは2歳重賞ということで持っている能力よりも完成度の高さが重要とも言えます。

米国ダートよりの血統を持っている馬は総じて完成する時期が早いので、今の2歳重賞なら通用するというタイプの馬を狙っていきたいです。

もちろん能力のある馬はそのまま勝ってしまうのですが、穴っぽいところで探すなら米国血統となります。

昨年で言うとオーバースペックが父・母父ともに米国血統で、みごとに2着に好走しました。

前走内容

上述したように前走で上がり1・2位の馬には注目しておきたい。

距離別で見ると勝ち馬は前走1400・1600mの馬ですね。1400mは中京組ばかりとなっています。

前走で1800m戦を使っていた馬は2着が非常に多いですね。データとしては面白い傾向。

レース間隔を見てみると中4週以上空けてきた馬が3着以内のほとんどを占めており、中3週以内で好走した馬は、のべ39頭いてわずかに1頭のみ。

しっかりと間隔を空けてきた馬に注目したいです。

新潟2歳ステークス2017注目馬は?穴馬は?

荒れる事のおおい新潟2歳ステークス。2桁人気の激走も目立ちますし、中々に難しい重賞と言えます。

では早速注目馬と穴馬ですが、人気サイドからはこの馬を。

人気ブログランキングB

前走は東京1400m戦に出走し上り最速の脚を使って2着に0.8秒差の快勝でした。

2・3着馬がすでに勝ち上がっていることからメンバーレベル自体は悪くなかったはず。

血統を見ても父・母父父に米国血統を保持しており、完成度の高さが伺えます。

今の2歳戦なら能力上位とみて良いでしょうし、まずはこの馬の勝ち負けに期待したいと思います。

次に穴っぽいところからではこの馬を。

[最強]競馬ブログランキングへ

前走は1800m戦に出走して上がり2位の脚を使って勝利。新馬戦で敗れた馬が今回登録していますが、この馬とは差のない競馬をしていながら、今回人気面では大きく差をつけられています。

現状10番人気以下になることは濃厚なのですが、母側は完全な米国血統ですし面白い存在になりそう。

データ的には頭は難しいと思いますが、2~3着なら十分にチャンスはあるはず。2桁人気なら押さえたいですね。

以上で新潟2歳ステークス2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-