競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【野路菊ステークス2018】予想と考察。データから好走馬を探る。

野路菊ステークス2018予想と考察です。

阪神芝1800mで行われる2歳オープン戦の野路菊ステークス2018

昨年はここを勝ったワグネリアンがダービー馬となりました。

今年もクラシック戦線を賑わす馬が出て来るかどうか。注目のレースになりそうです。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察を進めます。

データから好走馬・穴馬を探る。

今回は過去5年のデータから好走馬を紐解いていこうかと思います。

まずはなんといっても1番人気の好走率。

過去5年で1番人気は3勝2着2回と連対率100%を誇り、非常に安定して走っています。

阪神1800m戦は非常にタフな舞台。前走でしっかりとした走りを見せて評価されている馬は素直に信頼して良いということでしょう。

続いて前走人気にも注目してみると、前走1・2番人気に支持されていた馬が5勝2着4回3着2回となっています。

連対馬のほとんどはここから出ていることになりますね。

前走の位置取りと上りに注目してみると、前走4角5番手以内で先行していた馬は5勝2着3回3着3回と好成績。

ただ、前走で逃げた馬の戦績はいまいちなので4角2~5番手の好位で競馬をしていた馬に注目したいところです。

上がりを見ると、上り1~3位の馬で5勝2着4回3着3回と馬券内の大半を占めている結果。

前走先行して尚且つ上がりをしっかりとまとめた馬の好走率は非常に高いことがわかります。

最後に距離別にみると前走1200~1400の馬は10頭いますが全て馬券外。

やはり非常にタフな阪神1800mという舞台なので短距離戦線からの臨戦はかなりマイナスということになりますね。

馬券内に絡んでいるのは前走1600~2000mの馬ということになります。

まとめてみると、

前走1~2番人気で4角2~5番手で上がり1~3位の脚を使っており、マイル以上で結果を残した馬の好走率が高いということになりますね。

野路菊ステークス好走注目馬

上記のデータに完全に当てはまっているのは今年は2頭となります。

おそらくこの2頭が1・2番人気を形成すると思いますが、過去の傾向からは逆らいにくいということになりますね。

1頭はヴェロックスですね。

新馬戦での圧勝劇からこの馬が1番人気濃厚。過去のデータからも外せない馬ですね。

もう1頭はこの馬。

人気ブログランキングC

前走の走りから長く良い脚が使えそうなので舞台相性は良いだろうと思います。

2番人気になると思いますがこの馬も高い確率で馬券内に絡んで来ると思います。

では3着以内と考えるともう1頭に席があるわけですが現状ではこの馬に注目。

競馬ブログランキング

前走重賞組は勝ち馬こそいませんがデータとしては悪くない。

その中でも新潟2歳ステークスを先行して敗退した馬のデータが良いですね。

ロードカナロア産駒の距離延長はいまいちなのですが、1600→1800への距離延長はなかなかの好成績を残しています。

これを牡馬に絞るとさらに良い結果となっており、ここは注目しておきたいですね。

この他で拾うならカテドラルでしょうか。

実質的にはこの4頭で3着までは決まると見ています。固い決着を想定しているので絞って買いたいレースですね。

以上で野路菊ステークス2018予想と考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想平場
-