競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【大阪杯2017】予想考察。好走注目馬は?

大阪杯2017予想考察です。

阪神芝2000mで行われるGⅠ大阪杯2017。今年から新設されたGⅠとなりますがキタサンブラック・ミッキーロケット・マカヒキ・サトノクラウンらが出走を予定しています。

サトノダイヤモンドはいませんが4歳・5歳の世代上位が揃いました。非常に楽しみな1戦となりそうです。

早速考察に入ります。

小回りながら差しも届く。紛れのある舞台。

まずはGⅡ産経大阪杯時代の過去5年3着内好走馬を見てみます。

阪神2000mは紛れの多い舞台となりますが、結果を見てもまさにその通り。1番人気は過去5年で(1・2・1・1)と勝ち切れていません。昨年は3着も外しましたね。5番人気以下の馬が毎年のように好走していることからも人気通りには決まらない舞台ということが解ります。

展開を見てみると加速力を問われる展開になる事がほとんど。2年前はかなりの不良馬場でしたのでここは例外としています。昨年は特にかなりのスローペースからの上り勝負。上手く立ち回ってスッと加速出来た馬と逃げたキタサンブラックで上位を占めました。

ただ、差しが届かないかと言えばそうでもありません。ショウナンマイティらが一気の差しで好走しています。阪神2000mはBコースに変わると逃げ馬の率が落ちて後方からの差し馬の率が上がりますので大阪杯もBコース変わりで先週よりは差しが決まりやすい舞台に変わると言えますね。

末脚上位の馬が必ず好走していて上がり1位馬は過去5年で(3・1・1・0)となります。これらの馬は過去2走以内に上がり2位までの脚を使って馬券内に好走している実績があります(国内レースに限ります)。2年前のラキシスは該当しないですが、この年の不良馬場はすごかったのでここは例外としました。

血統

パッと見てディープインパクト産駒がかなり走っていることがわかります。ここ3年は3連勝中となっています。他にもストームキャットが目立ちますが、これはキズナとショウナンマイティの2年連続連対によるもの。ただ、阪神2000mはキレだけではこなせずパワーも重要となるのでノーザンダンサーの系統には注目しておきたいです。特に過去5年の連対馬全頭がノーザンダンサーのクロスを持っていました。登録馬のほとんどの馬がこのクロスを持っていますが、ステファノスが該当しないですね。サンデーのキレにこういった系統を兼ね合わせている事が重視されるところでしょうか。

枠順

過去10年まで広げてみても内枠は圧倒的に不利なデータです。1・2枠に入った馬は3着2回のみとなっています。人気の馬もここには含まれているので内に入った馬はデータ的には苦しくなることが解ります。逆に外の7・8枠に入った馬は5勝2着4回。内回りでスタート後に急坂を超える舞台になるので最初のポジション争いの中で内で窮屈になるのはやはり不利だということでしょう。

大阪杯2017好走注目馬は?

キタサンブラックの1番人気はまず間違いないでしょう。自分でレースが作れることはやはり大きな強みです。有馬記念で死闘を演じたサトノダイヤモンドが楽勝で阪神大賞典を勝っていることから、この馬に人気がある程度集まるはず。ただ、鞍上の武騎手が阪神2000mとはあまり相性が良くない事と、昨年も敗れている舞台という点は気になります。連複軸としては間違いないと思いますが何かに足元をすくわれてもおかしくないかと思います。

ここではキタサンブラック以外で注目したい馬を2頭挙げてみようと思います。まずは人気になる事は間違いないですがこの馬から。

人気ブログランキングA

前走は発表こそ稍重でしたが、それ以上にタフな馬場。この馬場では苦しいだろうと思い評価を下げましたが、はっきりと合わない馬場で3着好走。ミッキーロケットが出遅れていなかったら3着も危ういレースでした。

今回も小回りの阪神と適正ばっちりとは言えません。能力全開と行くかどうかは半信半疑ですが、前走からパフォーマンスを上げて来ることは間違いないでしょう。ディープ×フレンチは昨年のショウナンパンドラと同配合。血統的には走ってくれるはずですし、何より鞍上が非常に頼りになる。鞍上が予定されているルメール騎手は阪神2000mでの実績は群を抜いており、その勝率は過去5年計算で35%を超えて連対率も50%あります。

競馬を知っていればいるほどこの舞台は合わないと判断されそうで逆に妙味が少し出るかもしれません。3番人気程度で治まってくれれば尚に買いたい馬となります。

もう1頭はこの馬です。

FC2 ブログランキングA

通ったコース取りの差はありますが、それでも前走でアンビシャス・ヴィブロスに先着。展開向いたロゴタイプにも先着しています。アンビシャスと上り最速タイでまとめており小回りでセンスの高さを示しました。ここは一気に相手強化となりますが前走と同様の走りが出来れば面白い存在になるはずです。昨年同舞台で勝っている鞍上ですし、キングカメハメハ産駒は阪神2000mと好相性。基本的にサンデー系優位な舞台だとは思いますが、キングマンボの血は過去にも好走しており悪くないはず。このメンバーなら人気にはならないはずなので中枠あたりを引いてくれれば。

以上で大阪杯2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-