競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【桜花賞2018】週中予想考察。穴注目馬は?

桜花賞2018予想考察です。

阪神芝1600mで行われるGⅠ桜花賞2018。今年はラッキーライラック・リリーノーブルらが登録しています。

牝馬クラシック第1戦となる桜花賞。今年はどの馬が桜の女王となるのか。大注目のクラシック初戦となります。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
では早速考察に入っていきたいと思います。

チューリップ賞組が断然

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

前走チューリップ賞組が圧倒しています。

昨年はかなり特殊な馬場で行われた中でフィリーズレビュー組のレーヌミノルが1着でしたが、この馬は阪神JFで3着の実績を持っていました。

2年前のアットザシーサイドも阪神JFで5着と掲示板を確保。阪神マイル重賞での実績はかなり重要という事が言えると思います。

上がりの脚も非常に重要。上がり5位までの馬で過去5年では上位を独占する結果になっています。

前走4角2番手以内だった馬の戦績は(1・0・0・22)とかなり厳しい結果。

唯一の1着は昨年のレーヌミノルなのですがこれも昨年の特殊な馬場でのもの。

前々からスピードの持続力で押し切るような競馬で桜花賞に進んできた馬は通用していないということになりますね。

そして桜花賞の舞台となる阪神1600mは基本的には外枠有利。過去5年を見ても外枠有利なことに間違いはありません。

ただ、先週までの馬場を見ている限りはかなり時計が速く内もしっかり伸びる馬場。今年は外々からの差し切りは難しいかもしれませんね。

血統

とにかくディープ産駒に注目。昨年の特殊な馬場以外での4年間で全て馬券に絡んでいます。

春になると一気にパフォーマンスを上げて来ることが多い3歳ディープ産駒。今年も注目しておきたいですね。

桜花賞2018注目馬・穴馬

今年はここまでマイル4戦4勝のラッキーライラックが断然の1番人気に支持されることは間違いないでしょう。

チューリップ賞も危なげない競馬で完勝しており能力的には疑う余地はありません。

3着以内を馬券内と考えるにあたってその1席はラッキーライラックで埋まっていると考えると残り2席を争うレースになる。

ではラッキーライラック以外での注目馬ですがこの2頭です。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

今年に入ってから3走目。ここに標準をしっかりと合わせてきているか。

オークスではお釣りがなくなっているように思いますし狙うならディープ産駒が好相性のここでしょう。

おそらく4~5番人気あたりになるかと思いますが、今年出走してくるディープ産駒の中ではこの馬が1番可能性があるでしょう。

ラッキーライラックの石橋騎手はクラシックで断然の1番人気馬にはもちろん初騎乗。断然1番人気の重圧の中で平常心で乗れるかどうか。

ここまでのレースでは勝負付けは済んでいるように思えてしまいますが、GⅠという大舞台。騎手力も十分に問われる中でまだまだ逆転あるかもしれません。

もう1頭はこの馬。

[最強]競馬ブログランキングへ

この馬はとにかくレースセンスが高い。

小頭数ではレースセンスどうこうがあまり問われることがなくなるので前走のような小頭数の競馬では能力的には発揮出来ていない。

桜花賞本番はフルゲート戦になることは間違いなく前走よりパフォーマンスあがるはずです。

さらに今年の阪神馬場は例年にまして馬場が良く内がよく伸びています。

この馬のレースセンスを活かすのは内枠だと思いますので、外枠有利と言われる桜花賞ですがこの馬に関しては内目の枠を取ってほしいと思っています。

内目の枠が取れれば重い印候補になることは間違いないですね。

今年は現状大きな波乱はないだろうと思っていますのでいかに絞って的中できるかになりそうです。

以上で桜花賞2018週中予想考察を終わります。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-