競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【ラジオNIKKEI賞2017】週中予想考察。穴馬で拾いたいのはこの2頭!

ラジオNIKKEI賞2017予想考察です。

福島芝1800mで行われるGⅢラジオNIKKEI賞2017。今年はサトノクロニクル・クリアザトラック・ライジングリーズンらが登録しています。

残念ダービーと言われている本レースですが、去年はゼーヴィント・一昨年はアンビシャスと古馬になっても一線級で活躍している馬が勝利しています。

今年はどの馬が制することになるのか。注目の重賞です。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


早速考察に入ります。

内枠有利。持続力あるボールドルーラーに注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

ペースが速い=差し有利、ペースが遅い=前有利とはならない重賞です。ペースに関係なく先行馬が残ったり差し馬が絡んだりと難しい傾向ですね。このあたりも人気薄がよく馬券になる事と関係していそうです。

ただ、共通しているのは外々を追走するのはマイナスになるという事。内々でロスなく立ち回った馬や、内で脚をしっかりと溜める事が出来た馬が好走しているように思います。

内枠先行でロスなく運べる馬や、器用さを持った内の差し馬が良いですね。内枠有利な事はデータでもしっかりと出ていまして、7・8枠の馬は(0・0・1・19)とかなり厳しい結果になっています。

外枠から唯一馬券になった馬は昨年のアーバンキッドですが、この馬は重賞2着の実績がありました。余程の事がない限り、外枠に入った馬を軸にすることは危険ですね。

血統

ディープインパクト産駒が過去5年で3勝しています。今年はクリアザトラックが該当しますが、当然人気するでしょう。

ただ、サンデー×ノーザンダンサー系の馬は過去5年で見ると5年前の1・2着のみであとは惨敗。積極的には買いにくいデータとなります。

ボールドルーラー系にも注目しておきたいです。ボールドルーラーの血を持つ馬の好走が中々に目立ちます。今年も該当馬が数頭いますので気にかけておきたいところ。

前走内容

距離で見ると、距離短縮>距離延長>同距離となります。前走から距離短縮してきた馬が過去5年で4勝2着1回と圧倒的な数値を残しており、勝率・連対率でも抜けています。

前走クラスで見ると、500万組は勝利が馬券内の条件となりそう。過去5年で3頭が500万勝ちから馬券になっていますが、その3頭は東京・阪神で500万勝ちを収めた馬でした。

ラジオNIKKEI賞2017注目馬は?穴馬は?

今年はサトノクロニクルとクリアザトラックが人気を分け合う形になるでしょうか。前者はオープン勝ちで重賞でも好走、後者は1000万勝ちとこのメンバーでは抜けた存在。

ただ、どちらも大箱の競馬場の方に適性があるはずで、取りこぼす可能性は十分。つけ入る隙はありそうです。

では今年のラジオNIKKEI賞2017注目馬ですがまずはこの馬をピックアップ。

人気ブログランキングC

前走ではクリアザトラックに完敗しており、人気にもならないでしょう。

ただ、2走前のきんもくせい特別の内容が非常に良く小回り適正はかなり高いと思っています。

33秒台のキレが求められるような舞台ではかなり厳しいと思いますが、ラジオNIKKEI賞はそのようなキレが求められることはほとんどありません。器用さがあるので内から上手く捌くことが出来るため、内枠に入ってくれれば面白い存在になりそう。

血統背景を見てもスピードと持続力があるのは明白。注目したいボールドルーラーを持っており非常に楽しみです。

もう1頭注目したいのはこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

非常に立ち回り上手いタイプ。スッとポジションが奪えるのは魅力ですね。

この馬もキレ勝負になると厳しいと思いますが、持続力が問われる展開なら上位に入ってくるはず。

3歳馬限定の500万勝ち後ですし、血統背景的にもカジノドライブ産駒の芝レースなので人気にならないでしょう。

ただ、この馬も注目のボールドルーラーを持っており、母父にサンデーサイレンスということでスピードの補填はある。

2走前にはモズカッチャンとタイム差なしで走っている点にも注目しておきたい。内枠を取れば激走があってもおかしくないでしょう。

以上でラジオNIKKEI賞2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-