競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【皐月賞2017】予想考察。末脚勝負!

2017/04/10

皐月賞2017予想考察です。

中山芝2000mで行われるGⅠ皐月賞2017。今年はカデナ・サトノアレス・ウインブライト・アウトライアーズ・ファンディーナらが登録しています。

牡馬クラシック第1戦となる皐月賞。ここで1冠目を取るのはどの馬になるのか。牝馬のファンディーナの出走もあり注目が集まるクラシック初戦となります。

早速考察に入ります。

前走上がり2位までの馬に注目。上がり上位馬が高い好走率。

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。

中山競馬場は2014年に馬場改修工事を行っており、過去2年と3年以前では明らかに傾向が変わったように思います。

元々皐月賞は中山開催の最終週に行われる重賞なのでタフな馬場になり、速い上がりよりは持続する末脚を使える馬と前々から押し切れる競馬をする馬の好走率が高かったのですが、馬場改修後を見てみると上がり上位の馬が馬券内をほぼ独占しています。

前走重賞で上がり最速の脚を使って連対を果たしている馬が本番でもその末脚をいかんなく発揮しての好走に繋がっています。

立ち回り勝負で3着に食い込んだのはキタサンブラック。この馬は当時から抜群のセンスを見せていたのでちょっと例外かもしれません。

桜花賞週の中山芝を見ている限り、速い上がり使える?となるかもしれませんが、ここ2年は例外なく最終週に速い時計が出る馬場と変化しています。おそらくはしっかりとした馬場に戻してくると思います。

前走レース

以前は皐月賞最重要トライアルと言えば弥生賞でしたが、ここ数年を見る限りは明らかに変わってきています。事実、過去5年の勝ち馬は全て別路線組で弥生賞組は2着までとなっています。

最重要ステップと位置づけられてきているのは共同通信杯ですね。過去5年で見ると、共同通信杯で連対し尚且つ上がり2位以内の成績から皐月賞に直行した馬は4頭いますが全て皐月賞で勝利しています。今年も該当馬がいるので要注目ですね。

スプリングステークス組も4頭馬券に絡んでいますが、その4頭は4角2番手以内で押し切った勝ち馬もしくは上がり上位で連対した馬となっています。

血統

馬場改修後を見るとディープインパクト産駒の独壇場。ここ2年で馬券内の4頭がディープインパクト産駒です。ドゥラメンテはキングカメハメハ産駒でしたが、母父にサンデーサイレンス持ち。明らかにキレが重視されると思っていいでしょう。王道のキレを持つサンデー系やキングカメハメハの血統を重視したいですね。

皐月賞2017注目馬は?穴馬は?

今年はファンディーナに注目が集まりますね。おそらくここまでのパフォーマンスを考えても1番人気は濃厚でしょう。ただ、中山への連続輸送、揉まれた時がどうかなどクリアすべき課題はいくつかあるのでそう簡単には勝てないだろうと思います。

ここでは勝ち負け期待出来る注目馬と前走好内容ながらに人気が落ち着きそうな穴馬を挙げてみようかと思います。まず注目馬ですがこの馬ですね。

人気ブログランキングA

前走は共同通信杯でしたが、上り最速の脚を使って勝利。過去の皐月賞好走条件に当てはまる馬となります。

2ターンの2000m戦は阪神で経験済となりますが、4コーナーでしっかりと加速しながらポジションをあげて行く事が出来ており、問題なくこなすことが出来るでしょう。

血統的には距離は伸びて全く問題ないですし、ハーツクライ産駒は中山2000mとの相性も良いです。東スポ杯を見る限りは馬場悪化・タフ馬場となっても能力は出せるでしょう。勝ち負けまで持ち込めるだろう1頭となります。

もう1頭はこの馬です。

[最強]競馬ブログランキングAへ

前走はスプリングステークスでしたが上り最速で勝利。アウトライアーズより前にいながら、上りの脚もしっかりとまとめました。前走で馬体重を大きく減らしており、さらに減らしてこないかが心配ではありますが、マイナス体重での出走でなければ大いに期待が高まります。

人気はおそらく5番人気以下になるはずですが人気・オッズほどの上位陣との差はないはずです。

中山実績は十分ですし、過去の走りからは距離2000mは全く問題にならないでしょう。ステイゴールド産駒は成長期に入ると一気にパフォーマンスを上げて来ることが多いのですが、まさに本馬は現在がこの状態でしょう。前走からさらに上積みがありそうです。

以上で皐月賞2017予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-