競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【関屋記念2017】週中予想考察。先行して粘り込める馬を探す。

関屋記念2017予想考察です。

新潟競馬場芝1600mで行われるGⅢ関屋記念2017。サマーマイルシリーズ第2戦になります。

比較的堅めに収まることが多いですが、今年はどうでしょうか。レパードステークスも大荒れ決着でしたのでこちらも大荒れがあるかもしれませんね。

早速考察に入ります。

位置取りがポイント。前走の4角4番手までに注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

はっきりとした傾向で出ているのは外枠有利。7・8枠の馬が4勝2着1回3着1回となっています。

4番人気以内の馬に絞ると(4・1・0・2)。外枠に入った人気馬は信頼度が大きく上がることになりますね。

逆に5番人気以下の馬はほとんどが3着以内に入っておらず3着に1頭入ったのみ。外枠は人気馬からが中心です。

次にラップと位置取りを見てみます。ラップはコーナーで緩んで直線入ってから一気に加速して、ラスト1Fは惰性で粘り込んでいます。一気に加速する瞬発力・加速力と惰性で残せる持続力が求められますね。

位置取りを見ると毎年1頭は4角3番手以内の馬が先行して粘り込んでいます。

比較的後方からの差しがしっかりと決まるレース・舞台ではあるのですが、差しばかりにこだわってしまうと先行馬を取り損ねることになって的中を逃してしまうので先行勢の取り捨てが重要となりますね。

結構な数の先行馬がいるので取り捨てのファクターとして前走での位置取りと出走レースがありました。

前走で4角4番手以内につけていて尚且つGⅢ・GⅡ組を除くと(2・1・2・2)となります。なかなか高い好走率となっていますので前走GⅢ・GⅡ以外で先行していた馬には注目したいですね。

血統

ディープインパクト産駒とハーツクライ産駒がよく走る舞台なのが新潟1600m外回りです。

ただ、関屋記念という舞台で考えるとちょっと異なってきますね。

ディープ産駒は(1・1・0・5)となっていますが、連対した2頭はどちらも前走GⅠで先行しており尚且つ今レースで1番人気に支持されていました。

キレだけでは馬券内に持ち込めなくて持続力が求められる事が多いので後方脚質のディープ産駒は疑いたいところです。

ハーツクライ産駒は(0・2・1・3)。2桁人気馬を除くと(0・2・1・1)。勝ち切れませんが堅実に走りますが、今年は不在。来年に生かしたいところですね。

関屋記念ではパワー型の血統がよく走り印象。ノーザンダンサー系・ストームバード系といったところでしょうか。

特にノーザンダンサー系の血を持つ馬は毎年2頭以上が3着以内に入っているのでここは注目血統です。

前走内容

サマーマイルシリーズということで前走中京記念からの出走馬が多いのですが、中京記念でちょい負けした馬が好相性。

適正が異なる中京の舞台で適正合わずだったが大きく負けずで、ここに駒を進めてきた馬が良いですね。

前走中京記念1~4着馬はまだ1度も3着以内に走ったことがなく馬券に絡んだ馬のほとんどが5~9着馬。中京記念でちょい負けした馬には注目です。

準オープン上がりの馬はヤングマンパワーが好走していますが、この馬は3番人気に支持された外枠馬。データ的には好走データに合致しており、さらに重賞勝ちがある馬でした。

関屋記念2017注目馬は?穴馬は?

今年もなかなかの混戦メンバーですのでオッズはかなり割れそうです。

どこからでも入れそうなメンバー構成ですが、ここは前走終了段階で次走ここなら狙おうかと思っていた馬と脚質的に買いたい馬がいますのでこの2頭をピックアップしておきます。

まずはこの馬ですね。

人気ブログランキングA

前走中京記念は休養明けの1戦で5着。この馬は急坂コースはいまいちなので新潟へのコース替わりは間違いなくプラスにでます。

昨年も休養明けに中京記念を叩いてのローテーションで好走しましたが、今回もほぼ同等のローテを組んで同じような競馬をして同じような負け方。標準は関屋記念に合わせていると見て良いでしょう。

血統的にもスピードの持続力に長けていますし、中京記念ちょい負けもここでは好相性。好レースになるでしょう。

もう1頭はこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

前走はオープン戦でしたが先行して2着に粘り込み。とにかく前に行けば非常にしぶとい馬ですね。

直線長いコースで持続力を活かした粘り込みがウリとなるのですが、ボールドルーラー・ノーザンダンサーを持つ血統背景から見ても持続力に長けていることは明白でしょう。

今年はウインガニオンとマルターズアポジーの2頭との兼ね合いがポイントになりそうですが、両馬ともにデータ的にはマイナス材料があり、それならば本馬を上位に狙いたくなります。

ここまで好走を続けていますが、このメンバーなら4~5番人気に収まりそうで妙味十分と判断します。

以上で関屋記念2017予想を終わります。

PR

無料メルマガ「競馬力向上委員会」

夏競馬も中盤戦に突入です!「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースや次走注目馬などを配信しています。お値段は・・・無料です!仕事の都合で不定期な配信となっていますが、出来る限り有益な情報を提供できるよう頑張っていきますのでよろしくお願いします。

無料メルマガの詳細はこちらからご確認ください。

メルマガの詳細はこちら→「競馬力向上委員会入口」

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-