競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【シンザン記念2017】予想考察。先行立ち回りを重視。

シンザン記念2017予想考察です。

京都芝1600mで行われるGⅢシンザン記念2017。今年はペルシアンナイト・アルアイン・トラスト・タイセイスターリー・コウソクストレートら15頭が出走を予定しています。

出世レースでもあるシンザン記念ですが、ここを制してクラシック戦線に加わるのはどの馬になるのか。注目の重賞ですね。

中心は先行立ち回り。ただ、差し馬軽視は禁物

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。

逃げ・先行馬が3着内の大半を占めていることから、まずは先行立ち回り力を重視したいです。ラップを見る限りは持続力を問われる展開になることがほとんどなので、先日の京都金杯のイメージに近いかと思います。ただ京都金杯はスタート後の3F33.9と、とんでもないペースでしたがそこまでのペースにはならないでしょう。逃げ馬が過去5年で3頭残っていることからもとんでもないペースにはならないことがわかります。

差し馬も届いていますが基本的にはイン差しが決まるパターンを想定しておきたいです。グァンチャーレが勝った年は差し決着でしたが、この年は明らかに逃げ先行が手薄で能力不足。この年は例外と見ても良さそうです。

出世レースとしても有名なシンザン記念ですが、勝ち馬を見ると納得ですね。去年のロジクライはシンザン記念後出走がありませんがその他の4頭はオープン~重賞で活躍。こういう観点から勝ち馬を探すことも面白いかもしれません。

基本的には内枠有利で間違いないでしょう。1~4枠で勝率70% 連対率70%複勝率63%となります。外枠の馬も馬券に絡んでいますがそのほとんどが逃げ馬か人気上位馬。まずは内枠の先行タイプの馬から選定していきたいですね。

血統

スピード寄りの血統を重視するほうが良さそうです。ノーザンダンサー系も多く走っていますが、その中でもスタミナではなくスピード寄りの血のほうがいいでしょう。ダンチヒ・ノーザンテースト・ストームバートあたりですね。スピード寄りということでサンデーの血は持っている方が良いでしょう。

シンザン記念2017好走注目馬は?

それでは今年のシンザン記念2017の好走注目馬です。この記事を書いている最中に枠順が発表されましたのでそこを踏まえて挙げてみようと思います。まずはこの馬を。

人気ブログランキング

加速力を問われるような展開になると苦しいと思いますが、おそらくメイショウソウビが1200mからの距離延長ですしある程度の流れを作り出すはず。そうなると先行しての持続力勝負になるので、おのずとこの馬に向く流れになるはず。

思っていたほどに能力はなかったと言われていますが、それでも秋競馬に入ってから重賞で2戦連続掲示板で大きく負けていません。内目の枠も取れましたし、おそらく3番手辺りで追走出来るでしょう。直線向くころにはおのずと本馬に絶好の展開になっているのではないでしょうか。

もう1頭は穴っぽいところから挙げてみようと思います。

にほんブログ村 競馬予想サイト

年末の阪神で勝ち上がったばかりですが、その未勝利の内容がかなり良かったです。降雨の影響でかなりタフな馬場になっていましたが、その中でも好タイムで勝ち上がり。このタイムは1週前の良馬場で行われた古馬1000万よりも速いタイムですし、開幕週のシクラメン賞で勝ったサトノアーサーより1.8秒も速いタイム。この時計が出せるなら昇級してすぐに通用すると思っていた馬です。正直なところはもっと内枠が欲しかったですが、この枠なら許容範囲でしょう。鞍上的にもスッと好ポジションを取ってくれそうですしここは期待したいですね。

以上でシンザン記念2017予想考察を終わります。

シンザン記念の最終予想は前日の夜に行いますのでよろしくお願いします。

~PR~

メルマガ「競馬力向上委員会」

有馬記念も終わり冬競馬に突入!冬になっても競馬は大盛り上がりです。

メルマガ「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースや次走注目馬などを配信しています。お値段は「1980円」ですが初月は「480円」です!ワンコインでお釣りがくるお値段で設定しております。少しでも気になられた方はこちらで詳細をご確認ください。

メルマガの詳細はこちら→「競馬力向上委員会入口」

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-メルマガ紹介, 重賞展望予想
-,