競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【秋華賞2017】最終予想。大穴注目馬公開!

秋華賞2017予想です。

京都芝2000mで行われるGⅠ秋華賞2017。今年はリスグラシュー・アエロリット・ファンディーナらが出走を予定しています。

牝馬クラシック最終戦となる秋華賞。ここを制してクラシックの栄冠を手に入れるのはどの馬か。注目の重賞ですね。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


早速予想に入ります。

秋華賞2017予想と印

秋華賞の考察はこちらもご覧ください。

秋華賞2017週中予想考察

今年の秋華賞は雨の影響を受けて重馬場になることはほぼ間違いないでしょう。

過去10年まで広げても秋華賞が重馬場で行われたことはありません。過去の傾向・データなどはそこまで信頼できないかもしれませんね。

重馬場になるとキレ味はそがれてしまうのでこれまでの秋華賞以上に持続力が問われる展開になるのではないかと思います。

スパッと切れる馬よりは中団から脚を伸ばして最後まで持続出来る馬となりますね。

このあたりの狙い目は過去の秋華賞と変わりはないかと見ていますが、ここにパワーをプラスして問われることになるでしょう。

では今年の秋華賞2017本命ですがこの馬としました。

人気ブログランキングE

前走は明らかに脚を測っているように見えました。無理に勝ちに来ていなかった点は明白で、トライアルの内容としては上々だったでしょう。

時計のかかる馬場になることもこの馬にはプラスにでるはず。一瞬のキレよりは持続する末脚で勝負するタイプなので持続力問われる展開になるならパフォーマンスを下げる事はまずない。

上手く立ち回れる器用さも併せ持っており、この枠からで重馬場濃厚の条件ならば崩れる事はないでしょう。

好位内目を追走から直線外に持ち出して・・・が理想の形ですがメンバー的に団子になることはちょっと考えにくく、上手く抜け出せるはず。勝ち負けを期待したいですね。

相手にはモズカッチャン

前走は完全に太目残りで且つ乗り替わり初戦。展開も全く向かずで負けるべくして負けたレースでした。

今回内目の枠をとって本馬の立ち回り力を活かせる条件は揃いました。

オークスでは枠と展開が向いたとはいえ世代屈指のメンバーが揃ったレースで2着に好走しており、前走だけの敗戦で人気が落ちてしまうのであればこれは狙い目として十分に成り立つ。

重馬場巧者のデムーロ騎手の継続騎乗で期待十分。

3番手にはミリッサを抜擢

前走は直線で外に進路を探す際にブレーキ。これがなければ3着は間違いなくあったはずで能力的には世代上位とみて間違いない。

とことん恵まれていないのでここも恵まれずで終わってしまう可能性もあるが、血統的にもパワーと持続力を要する馬場と展開になるのはプラスなはず。

上手く好位で流れに乗る事さえ出来れば勝ち切ってしまってもなんら不思議はないでしょう。

穴で注目したいのはこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

明日はおそらくカワキタエンカとアエロリットが引っ張る展開でやや縦長になるのではないかと思います。

縦長になると面白いのはやはり内枠でロスなく流れに乗って競馬が出来る馬となる。

そうなると浮上するのはこの馬しかいないと見ました。

前走は早めに動いた結果ゴール手前で差されての5着となりましたが、これは悪くない内容でしょう。

距離延長はやや不安ではありますが、道悪は2戦2勝と好相性。キレよりは持続する末脚でグイグイ来るタイプなので、明日の馬場と持続力が必要とされるはずの展開は向いてくる。

全く人気はありませんが、ここは買いたい材料が揃っているように思います。

以下、ディアドラ・アエロリット・ポールヴァンドル・カリビアンゴールドを△に評価し、押さえにラビットラン・ファンディーナとします。

ディアドラは終始外々を回されることを考えると勝ち切るまではなさそう。

アエロリットは前走の内容を考えると適正はやはりマイル前後。2000mへは不安の方が大きい。

ポールヴァンドルカリビアンゴールドは内枠なら上位評価でしたが、大外枠からなのでここまでの評価。ただ、上手く立ち回れば面白い存在になるか。

ラビットランは不向きなレースになると思いますが、ローズステークス勝ち馬としてはあまりに人気が薄い。この人気なら逆に押さえておきたい。

ファンディーナはこの人気では積極的に買う材料がないが、能力はあるので。

秋華賞2017印です。

◎人気ブログランキングE

○モズカッチャン

▲ミリッサ

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

△ディアドラ

△アエロリット

△ポールヴァンドル

△カリビアンゴールド

×ラビットラン

×ファンディーナ

少し印は多くなりましたが、かなりの混戦なので変に絞るよりは手広く流して高めを待ちたいレースになりそうです。

以上で秋華賞2017予想を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞
-