競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【天皇賞(春)】予想考察。残り1席を埋める穴馬は?

天皇賞(春)2017予想考察です。

京都芝3200mで行われるGⅠ天皇賞(春)。今年はサトノダイヤモンド・キタサンブラックの2頭が中心となります。

今年の競馬界を牽引するであろうこの2頭で決まるのか、伏兵の台頭はあるのか。大注目の重賞となりますね。

早速考察に入ります。

立ち回り・先行力・スタミナと末脚の持続力。

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。

天皇賞(春)はコーナーを6回も回る超特殊なレース。最近ではカレンミロティック・フェノーメノ・ウインバリアシオンとリピーターが多いこともこういったレースの特徴と言えますね。

コーナー6回も回るということはそれだけ立ち回り力が求められます。先行して内々から上手く立ち回ることがここで好走する条件とも言えますね。ここ2年のカレンミロティックの好走はまさにこの走り方です。

ラップを見てみるとレースの上がりは速くても34秒台後半でだいたいは35秒以上かかっています。スローになりやすい今の競馬ですがさすがに3200m走って上がり33秒台のような上り勝負にはなりません。上手く立ち回ってそこから脚をしっかり伸ばせるスタミナ・末脚の持続力が問われるレースになります。

すなわちここで必要とされる要素は立ち回り力・持続力。さらに先行力があれば文句なしでしょう。

血統

パッと見て目に付くのはハーツクライですね。リピーターもいますが過去5年で6頭を馬券内に送り込んでいます。

ハーツクライと言えばトニービンです。長距離血統と言えばやはりトニービンですね。過去5年でトニービンの血を持った馬は8頭が馬券内に好走。実に半分以上を占めていることになります。

今年もトニービンの血には注目したいですね。

もう1つ気になるところでは、欧州で活躍している(過去に活躍した)重厚な血統を持つ馬の好走です。ダンシングブレーヴ・サドラーズウェルズ・ダンチヒ系あたりはここに当てはまると思います。このあたりの血を持つ馬も注意しておきたいです。

枠順

はっきりとした傾向が出ていますね。内枠有利・外枠不利でいいでしょう。

最初に先行力と立ち回り力を挙げましたが、内々で上手く立ち回ってとなるとやはり内枠が圧倒的に有利になります。

過去5年で1~4枠で全5勝をマークし2着2回3着3回。人気薄手の好走もほぼ内枠に集中です。外枠から人気薄で突っ込んできたのはフェイムゲームとレッドカドーという超長距離タイプの2頭のみ。

基本的には外枠から拾うのは人気馬のみ。内から穴馬を探すということになりますね。今年はキタサンブラック・サトノダイヤモンドがどの枠に入るかがまずは注目になりますね。

ちなみに、去年は大外枠に入った1番人気ゴールドアクターは12着に敗れました。

天皇賞(春)2017注目馬は?穴馬は?

今年はキタサンブラックとサトノダイヤモンドの再戦に注目が集まります。2頭共に抜群のレースセンスと立ち回り力を持っており、前に行ける先行脚質でもあります。

昨年勝っているレースで距離の経験があるという点と有馬記念での斤量差が無くなるということからおそらくキタサンブラックが1番人気になりサトノダイヤモンドが2番人気でしょう。

この2頭から大きく離されておそらく単勝2桁で3番人気以下が続く形になるかと思います。

この2頭のセンスの高さ・操縦性と脚質を考えると、たとえ外枠に入っても凡走する可能性は極めて低いでしょう。単純に3連系の馬券なら残り1席を探すレースになりそうです。

では、ここでは上位2頭に続く人気になると思われるシュヴァルグランとシャケトラ以外で注目したい馬を2頭挙げておこうと思います。まずはこの馬から。

人気ブログランキングA

昨年も天皇賞(春)に出走していますがシュヴァルグランとはわずかに0.3差。道中の位置取りを考えると天皇賞(春)の傾向としてはほぼ絶望的な位置からの競馬でした。枠も不利な外目の枠でしたので、こう考えると良く走ったなという印象です。

脚質的に後方からの競馬が多いのでここは気になるところではありますが、前に行けないタイプではないので内枠から上手くポジションを取ることが出来れば非常に面白い存在になりそう。

血統的にもトニービンの血を持っていますし、リピーターの多いレース。去年のシュヴァルグランには逆転してもおかしくないでしょう。

もう1頭はこの馬を。

[最強]競馬ブログランキングへ

この馬も昨年出走して上記の馬とタイム差なし。シュヴァルグランと0.3差に好走しています。

レースを見返すと、好スタートで3~4番手につけていましたが鞍上がやや強引に押さえて意図的にポジションを下げていました。そこから盛り返して上位入線でしたが、もし前に付けたまま走ってれば・・・と思わせるような内容です。

血統的には母側にエリシオを持っており欧州の重厚血統を持っていることになります。ステイヤーズステークスで先行策から何度も好走しているようにコーナーを多く回るレースで先行・立ち回り戦で力を発揮しています。

まずは枠順次第となりますが、内枠が引ければ非常に面白い1頭となりそうですね。

以上で天皇賞(春)2017予想考察を終わります。

今年はキタサンブラックとサトノダイヤモンドはかなり堅いと思いますので、少ない点数で的中に近づけるかになりそうですね。週末を楽しみに考察を続けて行こうと思います。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-