競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【天皇賞(春)2017】最終予想。キタサンブラックの連覇に期待!

天皇賞(春)2017予想です。

京都芝3200mで行われるGⅠ天皇賞(春)2017。今年はキタサンブラックとサトノダイヤモンドに注目が集まります。

キタサンブラックが連覇を達成するのか、サトノダイヤモンドがそれを阻むのか。さらには伏兵の激走があるのか、注目の重賞となりますね。

早速予想に入ります。

天皇賞(春)2017予想と印。

キタサンブラックとサトノダイヤモンドに人気が集中しています。これまでの戦績と実力を見てもこれは仕方がないでしょう。枠と脚質からわずかにキタサンブラックが人気面で上回り1番人気になるはずですが、最後まで拮抗したオッズでしょう。

1番人気は過去10年で3着1回のみであとは全て4着以下と嫌なデータがありますね。おそらくこれは色んなところで言われているのでもう有名な話しになっているでしょうか。

ただ、この1番人気馬らは負けるべくして負けたと言っていいように思っています。

これらの馬をよく見てみると追い込み馬・大外枠と立ち回り・先行力・持続力問われる天皇賞(春)では走りようがない脚質と枠順。さらにはキングカメハメハ産駒とこちらも長距離では買えない血統。

今年は内枠・先行脚質・立ち回り力抜群・天皇賞(春)は去年勝っていると過去10年とはまるで違う1番人気となるキタサンブラック。ここは過去の傾向は無視でいいと思います。キタサンブラックが1番人気はダメだというデータを払拭するでしょう。

では外枠で不利なレース展開になりそうなサトノダイヤモンド。大外枠はどう考えても不利ですが、馬券に絡まないかどうかは別問題。能力・センスは抜けているのがこの馬です。

過去の傾向を見ても馬券絡みがないのは大外枠に入った馬番17・18番の馬であってサトノダイヤモンドは馬番15番。フルゲートなら橙帽の枠になります。嫌いすぎると痛い目にあいそうです。

それでは展開ですが・・・といってもキタサンブラックがほぼ間違いなくレース展開を支配すると思います。この馬より前に行っても交わされて潰されますし、後ろから何も行かなければ淡々と押し切ってしまうでしょう。こう考えると1番上手く立ち回れるのはキタサンブラックから離されずに後ろをついていく、ということになるのではないかと思います。

この馬が最後に失速して詰まるということはまず考えられませんし、抜群のコース取りで立ち回っているはずなのでこの馬が作るレーンに乗ってしまえばおのずと好ポジションが奪えているのでは。去年のカレンミロティックはまさしくこの競馬でした。

ならば、このポジションが取れそうな馬+サトノダイヤモンドで馬券を組み立ててみたいと思います。

本命はもちろんキタサンブラック

もうこの馬に逆らう必要はないでしょう。どんな展開になってもまず間違いなく堅実に走ります。今回は内枠を取りましたし変に逆らうとまず的中しません。素直に本命を打とうと思います。

相手にはこの馬を。

人気ブログランキングE

昨年好走しておりこの舞台への適正は十分。血統的にもハーツクライ産駒とトニービンの血を持っており、ここへの適正は高いです。

前走は早めに勝ちに動いての2着でしたが内容としては決して悪い物ではなかった。内目の枠を引いたのでゲートが非常に上手い鞍上ですしキタサンブラックの後ろをポジションを取りに行くように思います。

昨年の結果と今のキタサンブラックの充実度から逆転の可能性はわずかしかないかもしれませんが、2着までなら十分あるはず。

3番手にサトノダイヤモンド

大外枠を引いたのでここまでの評価とします。前に壁を作ることが出来ない事と外々を回されてしまうことは、立ち回り勝負になるこの天皇賞(春)という舞台では大きく不利です。

ただ、能力的にはこれ以上評価を下げることは難しい。外から強引に勝ちに動いた時に最後脚があがる可能性もわずかながらありそうで3番手としました。

以下、穴注目としてはやはりこの馬。

[最強]競馬ブログランキングへ

週初めの考察で挙げた馬になります。昨年も出走していましたが勝ち馬のキタサンブラックとの差はわずかに0.5秒。内々を上手く立ち回ることが出来ればこの差はもっと縮まっても良いはず。

今年も昨年と同様に内目の枠が取れました。昨年は好スタートでスッと前につけるも最初のコーナーまででやや強引に下げてポジションを悪くしてしまっていました。昨年と同様のスタートを切ることが出来れば内々で好位から立ち回る競馬が叶うのではないかと見ています。

昨年同タイムのアルバートとのオッズ差があまりにも大きくこれは舐められすぎていると思います。カレンミロティックのような一発があってもおかしくないはずです。

ゴールドアクター

前走の敗戦だけでかなり人気が下がっていますがこれはちょっと嫌われ過ぎなようにも思います。有馬記念では3着に好走しており、能力が衰えていると判断するのはまだ早いでしょう。

鞍上に横山典騎手を迎えて何かをしてくるのではと思いますし、この馬の先行力・立ち回り力からはインに潜り込んで好位から立ち回る競馬を狙ってきそう。抑えておきたいですね。

最後に好枠引いたシャケトラまでを拾っておきますが、この馬が2着までに来るイメージはあまり湧きません。

アルバート・レインボーラインは穴人気すると思いますが、ポジションを悪くしそうなのでここは切ります。

天皇賞(春)2017印です。

キタサンブラック

人気ブログランキング

サトノダイヤモンド

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

ゴールドアクター

×シャケトラ

以上で天皇賞(春)2017予想を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞
-