競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【天皇賞(秋)2016】予想。ダイヤモンド・アラジンに続くかノブレス!

天皇賞(秋)2016予想です。

明日は東京芝2000mでG1天皇賞(秋)が開催されます。秋の古馬G1戦線の1戦目となります。

モーリス・エイシンヒカリ・ルージュバック・アンビシャス・ラブリーデイ・ステファノスらが出走を予定しています。

ジャパンカップ~有馬記念と続いていく中での注目の1戦です。

天皇賞(秋)2016予想と印です。

今年の天皇賞(秋)は明らかに上位拮抗ムード。現在単勝1番人気は4.0倍。上位人気が割れているのがはっきりわかります。

それもそのはずで、春のG1戦線を賑わした馬が不在。キタサンブラックやドゥラメンテといったところですね。

それでもG1に恥じないメンバーが揃ったとは思いますが、上位人気馬は安泰と言える馬はおらず不安を抱えた馬ばかり。

エイシンヒカリはその気性と脚質的に脆さがあります。モーリスは距離への不安が付きまといます。紅一点のルージュバックは常に揉まれるとダメな不安があります。

上位人気になるであろう3頭にそれぞれ盤石ではなく不安点があることから、下位人気の馬にも上位進出の可能性が大きいレースと判断します。

特に天皇賞(秋)は格があまりモノを言わないレース。過去にG1で連対経験すらない馬が激走を果たして来ています。

キタサンブラックらがここを回避したように古馬G13戦を戦う馬は減って、適性を考慮するようになってきてから徐々にレースレベル自体は落ちているのもあるでしょう。天皇賞(秋)をジャパンカップへの前哨戦として戦う馬もおり、尚更に格が必要ないレースとなっているのかもしれません。

このようなところから、波乱含みな天皇賞(秋)。今年はこの馬から入ってみたいと思います。

本命は現在単勝11番人気のこの馬。

人気ブログランキング

これまでに重賞実績はあるもののG1ではことごとく跳ね返されていました。ただ、これまでのG1戦歴は言い訳の効くものばかり。天皇賞(春)は完全に適正外。宝塚記念はコース・展開共に全く向かない。有馬記念は4コーナー15番手と競馬にならず。

ただ、2年前の天皇賞(秋)は着順こそ8着ですが0.3秒差。そのレースも早めに動かないと苦しい本馬にとって、インを突こうとするところをジェンティルドンナにカットされる致命的な不利。それでも伸び返して盛り返したように適正はあるように見える。

実際に2000mで3着を外したのはその天皇賞(秋)だけ。このレースもスムーズなら掲示板はあったはず。その時と全く同じ馬番7。今年こそは好位につけて粘り込む姿が見られるはずです。

母父にトニービンを持っているのも大きな武器。今の東京は芝2000mでは母父にトニービン持ちは4戦3連対。血統的な後押しもあります。

ただ、団子になってよーいどんでは苦しい展開になりますが、今年はあの馬がいるのでそうはならない。エイシンヒカリです。この馬がスローに落として逃げることは考えづらい。淀みのない逃げを打つはずで、加速力勝負よりは持続力が問われる展開になるはずです。

鞍上も差し馬よりは先行して持続力で勝負する馬と相性が良さそうなシュタルケ騎手。条件は全て揃ったように見えます。ここはあわよくば3着ではなく連対・もしくは勝ちまで考えての本命としたい。

相手にはモーリス。

2000mの前走はしっかり折り合えていました。あとは直線の長い東京折り合えるかどうかだと思います。ある程度力のいる馬場のほうが折り合えるイメージなので今の東京の芝は合っていそうです。

種牡馬入りする前に2000mのG1勝利は絶対的に欲しいはずで、鞍上のムーアも一度騎乗しており癖はつかんでいるはず。世界の名手がしっかり折り合わせてるでしょう。無様なレースにはならないと思います。

3番手にこの馬

にほんブログ村 競馬予想サイト

大外枠に入ったことで玄人やデータ派には大いに嫌われそうですがルメールの大外枠は要注意。東京芝でピンク帽の時のルメールは、昨年からの全体成績で勝率26.7%複勝率50%で回収率はともに100%を大きく超えています。

大外枠に入ったことで嫌われてオッズが下がるようであればここは逆に買いたい。前走は内で立ち回った馬が1・2着。アドマイヤデウスに力負けしたわけではないでしょう。

以下、前走は内でどん詰まり。さらに前が開いても伸びない内ではどうしようもなかったステファノス。

鞍上の福永騎手とは相性が良く、内枠から立ち回りの持続力勝負になれば出番がありそうなサトノクラウン。

人気を背負っている分、後ろからの標的にもされて苦しい競馬が予想されますが上手く流れを作れたらのエイシンヒカリ。

エイシンヒカリと共にレースをコントロール出来れば再び1発があってもおかしくないロゴタイプ。

押さえの押さえにルージュバック・アンビシャス・リアルスティールとします。

ルージュバックは頭数が増えるのはマイナス。中枠もマイナス。戸崎騎手が120点の騎乗をしないとどこにもいない。

アンビシャスは2000mの持続力勝負には向かないはず。宝塚記念のような大敗も。

リアルスティールは頓挫あってのぶっつけではさすがに苦しい。

以下、天皇賞(秋)2016印です。

人気ブログランキング

モーリス

にほんブログ村 競馬予想サイト

ステファノス

サトノクラウン

エイシンヒカリ

ロゴタイプ

×ルージュバック

×アンビシャス

×リアルスティール

以上、天皇賞(秋)2016予想でした。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞, メルマガ紹介
-,