競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【東京新聞杯2018】週中予想考察。穴注目馬公開!

東京新聞杯2018予想考察です。

東京競馬場芝1600mで行われるGⅢ東京新聞杯2018。今年はダイワキャグニー・グレーターロンドンらが登録しています。

ここから今年のマイル戦線の主役となるような馬が出て来るのでしょうか。注目の重賞ですね。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


早速考察していきたいと思います。

立ち回り勝負になりやすい。内枠有利だが馬場状態注意

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

東京Dコースで行われる唯一のマイル重賞。このDコースは内枠が有利な舞台なのですが、東京新聞杯も例外ではなく1桁馬番の好走率が非常に高いです。

基本的に流れは緩やかになり立ち回り勝負になりやすいので内枠の馬の方が良いということでしょう。

ただ、これは良馬場で行われることが前提の話し。稍重以上の馬場悪化時は外枠から回してもしっかりと届きます。

過去5年でいうと3・4年前が該当していることになります。

東京は週末雪予報が出ていますし、当日の馬場状態には注目しておいた方が良いですね。

血統

ディープ産駒が好調です。ここ数年は毎年1頭以上は馬券内に顔をだしていますので注意しておきたいですね。

ディープ以外だとダンシングブレーヴやネヴァーベントを持つ馬に注意。厳寒期の重賞なのである程度持続力を活かせる重い血統が合うのでしょう。

東京新聞杯2018注目馬・穴馬は?

現時点では当日の馬場が渋るかは微妙なところ。

そこで良馬場で行われるならと馬場が渋ればというところで1頭ずつ挙げておきたいと思います。

まずは良馬場ならこの馬。

人気ブログランキングC

典型的なサウスポー。左回りでは抜群の戦績を誇っています。

ここ数戦は前に行く馬には厳しい流れになりましたがしっかりと結果を残しました。

前走は明らかに叩き台ですし、良馬場ならきっちりと巻き返してくるでしょう。人気でも買いたい1頭ですね。

では、馬場悪化時はこの馬に注目。

[最強]競馬ブログランキングへ

外を回しても良いですが、内を捌くセンスもあるので致命的な不利は受けにくい印象。

GⅠレベルでは厳しいと思いますがGⅢレベルなら安定した末脚を発揮できるでしょう。

馬場悪化して後方からでも届くような馬場・展開になれば非常に面白い1頭です。

前走で好走していますがそこまで人気しないと思いますので、馬場が渋れば上位評価したいなと思っています。

以上で東京新聞杯2018予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-