競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【東京新聞杯2017】予想考察。立ち回りとギアチェンジ。

東京新聞杯2017予想考察です。

東京芝1600mで行われるGⅢ東京新聞杯2017。今年はエアスピネル・ブラックスピネル・マイネルアウラート・プロディガルサン・ヤングマンパワーら14頭が登録しています。

ここを制して春に飛躍していくのはどの馬になるのか。注目の重賞となりますね。

では考察に入ります。

立ち回り力とギアチェンジの性能が問われる。

まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。

速い上がりは求められていないレースということがわかります。特に良馬場になると立ち回り勝負となる傾向が顕著に出ます。昨年は4コーナーの順番がそのまま順位になりました。

2年前と3年前は良馬場以外での開催。良馬場になると立ち回り勝負となる可能性が高まると考えていいでしょう。レースラップを見る限りはスローからの加速力勝負。好位につけてギアチェンジをいかにスムーズに行えるかが重要となりそうです。ただ、一瞬の瞬発力勝負にはならずにギアが入った後に長くいい脚が使える馬が上位にそのまま入ることが多いですね。

血統

リファールの血を持つ馬がよく走っています。ヴァイスリージェント・ダンチヒ系などのノーザンダンサー系も目立ちます。血統を見ても持続力タイプの馬がいいように思います。

馬番

これは顕著に傾向が出ています。圧倒的に内枠有利で過去5年の勝ち馬は全て馬番7番以内。連対馬10頭中8頭が同じく馬番7番以内。外枠の連対馬2頭はどちらも良馬場以外での開催時となっています。この時期の東京Dコースらしく内枠が圧倒的に有利と言えます。

東京新聞杯2017好走注目馬は?

今年はエアスピネルが断然の1番人気になるでしょう。ただ、立ち回り・ギアチェンジ・持続力となるとこの馬の方に分があるかもしれません。

人気ブログランキングA

瞬発力戦では圧倒的に分が悪い本馬。富士ステークスも上手く立ち回って勝利を収めています。

前走は位置取り悪く参考外。今まで通りポジションを取りに行けばエアスピネルとの逆転は十分にあるでしょう。

メンバーを見る限りはハイレベル4歳世代と言われる馬が5頭。実績・適正は間違いなく上位だと思いますが、人気は意外と3番人気あたりで落ち着くのでは。内枠を引けば重い印の候補になります。

もう1頭はこの馬になります。

FC2 ブログランキングA

走っても走ってもあまり人気にならないのがこの馬ですね。今回も重賞実績馬や4歳世代に押されて7~8番人気に収まるはず。去年の3着馬なので適正は文句なし。

さらに、この馬は典型的な冬馬。12月~2月に戦績をグッとあげてきます。メンバーを見ても逃げ・先行勢手薄でおそらくこの馬が逃げる展開になるはず。

内目の枠からスッと行ってしまえばあれよあれよと逃げ切ってしまうように思います。上級条件での東京マイル連対実績はありませんが、展開と馬場はかなり味方してくれそうです。

以上で東京新聞杯2017予想を終わります。

~PR~

メルマガ「競馬力向上委員会」

有馬記念も終わり冬競馬に突入!冬になっても競馬は大盛り上がりです。「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースや次走注目馬などを配信しています。お値段は「1980円」ですが初月は「480円」です!ワンコインでお釣りがくるお値段で設定しております。少しでも気になられたならこちらで詳細をご確認ください。

メルマガの詳細はこちら→「競馬力向上委員会入口」

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-メルマガ紹介, 重賞展望予想
-,