競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【AJCC2019】週中予想考察。注目馬や好走条件は?

AJCC2019予想考察です。

中山競馬場芝2200mで行われるGⅡAJCC(アメリカジョッキークラブカップ)2019。

今年は菊花賞馬フィエールマンが人気の中心になることは間違いないでしょう。

ここも4歳世代が勝利をおさめることになるかどうか。注目の重賞ですね。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
人気予想家の推奨買い目は!?  【競馬最強の法則WEB】
今なら、無料登録で【馬券投資ソフトの攻略法】がもらえる!!


スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察に入りましょう。

走破時計で変わる血統傾向。今年は・・・

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

過去5年で1番人気馬の勝利はなく中穴~2桁人気馬の好走もあり中波乱傾向というべきでしょうか。

4歳馬の成績はいまいちだったのですが、ここ2年は馬券内にしっかりと食い込んで来ています。

ではラップ傾向を少し見てみます。

ラップとしては基本的には後傾ラップ、つまりは前半ゆったりと進んでの後半持続力活かした4F以上のスパート戦となることが多いです。

中山2200m戦は元々が持続力勝負になりやすい舞台。今年もそんな形になるだろうとは思います。

そしてこのラップとタイムによって走る血統が全く変わって来るのがAJCCという重賞です。

ちなみに去年は2:13:3の決着タイムで2~3年前は2:12:0くらいの決着でした。

ここからは血統と走破タイムの関連をみていきたいと思います。

血統

はっきりと傾向が分かれており、昨年のような2:13:0を超えるような時計がかかるレースになれば台頭してくるのはトニービンの血、欧州型ですね。

馬場改修後過去5年で2:13:0を超える時計での決着となったのは1・4・5年前なのですがこの3年の馬券内馬9頭中7頭はトニービン・グレイソヴリン・ダンシングブレーヴ等の欧州型の血統でした。

それに対して2:12:0程度の速い時計で決着した2・3年前は父サンデー系で母系にノーザンダンサーやロベルトを持ったちょっとキレるスピードがありながらも持続力寄りのタイプが馬券内6頭中5頭、ちなみに1頭は父ロベルトに母系にヘイローを持っていました。

今年がどのような時計の決着になるかを想定することが非常に重要だと思います。

ちなみに現状ではこちらの決着を想定しています。

競馬ブログランキング

ジェネラーレウーノがいることがポイントですね。

AJCC注目馬

フィエールマンはおそらく断然人気なるので、当馬以外で上記を踏まえて現状での注目馬はこの馬。

人気ブログランキングA

はっきりとキレ負けする馬。持続力勝負の方が合っていると思いますし、2ターンの競馬の方が良いですね。

血統背景的にも傾向にぴったりと嵌ります。

関東厩舎の方が好走率高いレースでもありますしここは注目したいですね。

以上でAJCC2019予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-