競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【有馬記念2018】週中予想考察。注目馬・穴馬を探す。

有馬記念2018予想考察です。

中山競馬場芝2500mで行われるGⅠ有馬記念2018

今年はレイデオロ・オジュウチョウサンらが登録しています。

いよいよ1年の締めくくりとなるグランプリ有馬記念ですね!

実際のところは28日にも競馬はあるので締めくくりではないのですが・・・気持ち的には今年の総決算のつもりで挑みたいと思います。

ジャパンカップから◎キセキ・◎サンライズソア・◎ダノンファンタジー・◎アドマイヤマーズと本命馬はGⅠ戦線ではぼちぼち好調をキープしていますので、ここらでしっかりと仕留めたいところです。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~
は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、
一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、
1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、
テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。
本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察を進めて行きたいと思います。

内枠有利とリピート性

まずは中山改修後の過去4年の好走馬を見てみましょう。

有名なところではありますが内有利・外不利ですね。

2桁馬番から馬券に絡んでいるのはシュヴァルグラン・キタサンブラック・サトノダイヤモンド・ゴールドシップのみ。

この4頭はその年のGⅠで勝利している実績を持っていました。

外枠から馬券内に来るには今年GⅠ勝利くらいのしっかりとした能力と実績が必要となるわけですね。

そこまでの実績がないと2桁馬番では苦しいということになります。

次に有馬記念は中山2500mという特殊条件で行われるレース。特殊条件=リピート性に注目。

この4年でもキタサンブラック・ゴールドアクターが2年以上続けて好走しました。

血統的なリピート性としても見てみると、例えば昨年のクイーンズリングは父マンハッタンカフェですがマンハッタンカフェは現役時に有馬記念1着の実績。

その他にもハーツクライ・ディープインパクトはそれぞれ現役時に有馬記念1・2着でした。

今年も該当馬はいますので注目したいところ。

そして4年前の2着トゥザワールドには全弟に有馬記念2年連続3着となったトゥザグローリーがいます。

当馬自体のリピート性に加えて兄弟は父の有馬記念実績にも注目しておきたいですね。

有馬記念2018注目馬・穴馬

現時点での注目馬としてはこの2頭。

人気ブログランキングA

使い詰めとなっている点が心配なところではありますが、この馬は持続力勝負に持ち込むことで能力を発揮する。

そう考えるとここ数戦の東京より中山の方が合っていると思いますし、中山2500mは持続力が求められる舞台。

自分でレースが作れるところも良いですし、ここ数戦のようなラップを刻むことが出来れば好勝負になるはずです。

血統背景的にも父・母父ともに有馬記念で好走していますね。

根幹距離では勝ち切れないところも非根幹距離に適性があると見れますし楽しみです。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

リピート性として見るなら本馬に注目でしょう。

過去の好走実績ありますし、前走はもう1列前で競馬をしていれば馬券内あったはずでちょっと勿体ない内容だったと思っています。(本線で馬券を持っていたので余計にそう見えちゃいますが・・・)

当初から予定されていた鞍上へとスイッチし、しっかり能力を出し切ればまだ通用するはず。

ややズブさを見せてきたところからも東京の瞬発力戦よりは持続力勝負の方が分がありそう。

以上で有馬記念2018予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-