競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【有馬記念2018】週中予想考察2。血統と適正から穴馬を探す。

有馬記念2018予想考察です。

今日はいよいよ有馬記念の枠順が確定します。

有馬記念は枠順の有利不利がはっきりとしているのでこの枠順を見で印の上げ下げが必要となりますね。

今日は有馬記念が行われる中山2500への適正と血統背景から穴馬を探してみたいと思います。

PR

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
競馬サイトが多数乱立するなか・・・
本物の予想・本物の情報筋・本物の的中に最も信頼を寄せられる競馬界歴代最高峰の人物とは?

その人物とは故「大川慶次郎」氏です。

「競馬の神様」とも呼ばれ1日12レースのパーフェクト的中は伝説です。



◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速行きましょう。

有馬記念2018の注目血統

中山2500mの血統と言えばすぐに思い浮かぶのがステイゴールドではないでしょうか。

ただ、実質的にはそこまで好走しているわけではないんですよね。

中山の馬場改修が入ってからの4年で見ると(0・0・1・4)

3着に入ったのは1番人気のゴールドシップです。

では馬場が回収されて適正が変わったかと言えばそうではなく、全クラスの中山2500mのステイゴールド産駒の実績は複勝率30%を超えており悪くない(勝ち切れないことは多い)

では何故有馬記念で走らないのか・・・と考えたところラップとの関連がありそうです。

ステイゴールド産駒は一瞬の脚と言うよりは総合力で勝負するタイプが多いので軽い馬場やスローの上がり勝負はやや苦手な印象を受けます。

逆に持続力勝負になって苦しくなるラップになればその能力を発揮出来るということです。

ここ4年の有馬記念のラップを見てみると2年前がこの持続力問われるラップに該当すると思いますが、この年はステイゴールド産駒は未出走でした。

そして1・3・4年前はラスト3Fで一気にペースがあがるレース。すなわちステイゴールド産駒には不向きだったと思います。

2年前は道中でサトノノブレスが一気に捲ってペースがあがったのですがこういうレースのときにこそ能力が発揮できるのではないかと。

つまりは道中で厳しいラップを刻むような展開になればステイゴールド産駒は買いだということでしょう。

次に注目したいのはステイゴールドから派生していますがノーザンテーストです。

コーナーを6回も回ることになる有馬記念。ノーザンテーストのコーナリング適正がモノを言うということでしょう。

実際にノーザンテーストの血を持つ馬は馬場改修後も毎年馬券に絡んでいます(人気どころばかりですが・・・)

有馬記念2018適正

これは単純に中山芝での実績非根幹距離での重賞実績を重視すべきだと思います。

中山は他場と比べてクセのあるコースですし有馬記念が行われる2500は非根幹距離。

中山実績と非根幹距離での重賞実績は注意しておいたほうが良いでしょう。

ちなみに昨年激走したクイーンズリングは中山で2戦2勝の上に非根幹距離であるエリザベス女王杯勝ちがありました。

有馬記念2018血統・適正から注目したい穴馬

5番人気以下が想定される穴馬から注目したいのはこの2頭ですね。

まずはこの馬。

人気ブログランキングC

キセキが刻むラップがポイントになると見ています。

ここ2戦を見る限りは道中で緩ませることはしないだろうと思っています。(上がり勝負は分が悪い)

そうなるとこの産駒が久々の激走見せる絶好のラップになるのではないかと。

非根幹距離重賞の実績もあり、中山1戦1勝で同距離勝ち。非常に適正も高いと見ています。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

ノーザンテーストを持ちコーナリング適正の高い馬だと思います。

中山非根幹距離重賞で2戦2連対と適正面では疑いようがありません。

ポジションが取れるかどうかになりそうではあるのですが、楽しみな1頭であることに間違いないですね。

以上有馬記念2018を血統・適正面から穴馬を探してみました。

まずは今日の枠順が全てだと思います。夜を楽しみにしたいですね。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-