競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【中日新聞杯2018】週中予想考察。注目馬・穴馬を探す。

中日新聞杯2018予想考察です。

中京競馬場芝2000mで行われるGⅢ中日新聞杯2018

今年はギベオン・グレイルらが登録しています。

秋競馬大活躍中の3歳馬。ここも3歳勢が重賞制覇となるのかどうか。

PR

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
TVで話題の痩せ菌「B-3(ビースリー)」が新配合!「ウィルキラDiet」
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
※本商品はお薬ではなく、毎日飲める健康食品です。

太りにくい人の体には・・・
痩せ菌「B-3(ビースリー)」(ビフィズス菌)が棲息していたことが判明しました。
そのビフィズス菌が体内を整え、太りにくさをつくっています。

多種多様な機能性を持つ5種類の複合乳酸菌を配合。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌をあわせ持つ5種類の複合乳酸菌が
5兆個配合されている「ウィルキラDiet」

デブ菌には痩せ菌を!!
体内を整え健康的にスリムサポートができます。

↓ウィルキラDietへはコチラ↓


スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察を進めましょう。

先行有利な馬場状態。3歳勢の取り捨ては?

いつもなら過去5年の傾向を確認するのですが、施行時期が変わって今年で2年目。過去のデータは通用しないと思いますので割愛します。

ここは3歳勢上位人気確実の2頭をどう取るかがポイントだと思います。

ギベオンは前走を見る限り距離に限界がありそうです。

距離短縮は良いと思いますが、正直中京2000mが合うイメージはありません。

毎日杯でブラストワンピースと0.3差なので古馬には十分に通用する能力があると思いますが、勝ち切れるかどうかというと・・・

内で揉まれるような形になるとさらに好走率は下がるかと見ています。

グレイルは左回りが最大のネック。

どう見ても右回りの方が良い馬で左回りというだけで評価は落とす必要があるかもしれません。

ハーツクライ産駒なのでおそらくこれから本格化してくると思うのですが・・・

脚質的にもギベオン同様に勝ち切りは困難と見ます。

脚質と話題に出ましたが、先週の競馬を見ている限り今の中京は圧倒的に先行勢が有利となっています。

芝レースの大半で逃げ馬が馬券に絡んでおり、差し馬は来ても1頭くらい。

後方からの競馬は先週の傾向からはマイナス要素と言えるでしょう。

この2頭同時に馬券に絡む可能性は限りなく低いと思いますのでこの2頭をヒモに考えていきたいところ。

では注目馬・穴馬ですが・・・

中日新聞杯2018注目馬・穴馬

この2頭に注目したいと思っています。

人気ブログランキングC

前走は持続力要するかなりの前傾ラップだったのでポジション的にも苦しい競馬だったはずなのですが、しっかりと結果を残しましたし徐々に本格化してきた印象を持ちます。

鞍上が心配ではありますし、重い印を打つのは勇気がいるところでもあるのですが同様に周りも考えるのであれば妙味ありかもしれませんね。

能力は間違いなく通用しますし脚質も向くでしょう。

競馬ブログランキング

この馬は相手なりに走れるタイプ。どんな相手でも無難にまとめて来ることが出来ます。

この馬も脚質的には合いそうであることと、同舞台での勝ち経験があるところが良いですね。

中団からしっかりと脚を使えるので連複軸としてはこちらの方が良いかもしれません。

以上で中日新聞杯2018予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-