競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【ダービー卿CT2019】週中予想考察。注目馬・穴馬・好走条件は?

ダービー卿CT2019予想考察です。

中山芝1600mで行われるGⅢダービー卿CT2019。

今年はギベオン・プリモシーンあたりが人気の中心になりそうです。

今年はここからマイル路線で飛躍する馬が出て来るのかどうか。

注目の集まる重賞になりそうです。

PR

競馬予想情報サイト ACTIVE(アクティブ)

今日は競馬情報予想サイトACTIVE(アクティブ)のご紹介です。

有料情報の的中率はもちろんながらに注目したいのは無料情報の充実さ。

週中から週末の出走馬の情報を得ておられており、注目馬をピックアップされています。

登録だけなら無料なので、まずは無料情報の充実度を実感いただければと思います。

登録はこちらからどうぞ!

ACTIVE(アクティブ)登録

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察を進めて行きましょう。

時速力とパワー寄りのレース。ロベルトと欧州血統に注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

上がり上位の馬が馬券内の半分を占めていますが、レース内容を見てみると瞬発力が問われている訳ではない。

ラップを見てみると1F11秒台のラップを刻み続ける持続力が問われるレースになりがちです。

どれだけ我慢できるかといった形になり、結果的にじりじり伸び続けた馬が上り上位になっているというところでしょう。

前走で前向きな競馬をした馬の戦績はあまり良くなく、前走4角5番手以内の競馬をしていた馬は(1・3・1・28)となっています。

前々からスピードで押し切ることは非常に難しいということがわかります。

勝ち馬は前走中団で我慢しながら伸びる競馬を経験している馬がほとんどとなっており極端な競馬をしている馬には厳しい結果となっています。

血統

ロベルトとサドラーズウェルズを始めとする欧州型に注目。

重厚な血を持つ馬の好走が目立つということはやはり持続力が必要であり我慢比べになっているということです。

持続力という事でダンジグにも注目しておいた方が良いでしょう。

ダービー卿CT2019注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

キレないサンデー系に母系はダンジグとロベルトを持つ血統背景。

じりじり伸びるタイプなので舞台適正は高いと見ています。

前走はもう一歩で馬券内というところまでしっかり伸びており、キレ味が求められない舞台での距離延長は問題ないでしょう。

過去と同様の展開になるようであればさらに着順を上げられる可能性が高いと思います。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

今年の登録メンバーでは唯一のサドラーズウェルズ系を持っている馬です。

中山マイルとの相性は非常によく4勝を挙げています。

鞍上も徐々に調子を戻して来ている印象を受けますし差し届くような展開になるなら本馬の出番がある。

じりじり伸びるタイプなので傾向的な相性も良いはずで、ここは買いたい1頭ですね。

以上でダービー卿CT2019予想考察を終わります。

 

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-