競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【ダイヤモンドステークス2019】週中予想考察。注目馬・穴馬や好走条件は?

ダイヤモンドステークス2019予想考察です。

東京芝3400mで行われるGⅢダイヤモンドステークス2019。

今年はユーキャンスマイル・グローブシアターあたりが人気の中心になりそうです。

冬の東京最終週に行われる名物マラソンレース。今年はどの馬が制することになるのか。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
編集部が身銭を切って厳選した競馬予想!【競馬最強の法則WEB】

今なら、無料登録で【馬王Z】の自動運転攻略法がもらえる!!


スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察を進めて行きましょう。

リピーターと超長距離適正

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

東京3400mという特殊条件で行われるダイヤモンドステークス。

特殊条件と言えばリピーターですね。

過去5年で見るとフェイムゲーム・ファタモルガーナがリピーターとして活躍しています。

今年もリピーターとしても該当馬がいますし注目しておくべきでしょう。

次にラップを見てみるとさすがに超長距離戦ということで前半はスローで流れることがほとんど。

後傾ラップになることが多いですね。

特にここ2年はスローからの上がり勝負になっており、2年前などは33秒台の上がりを使った馬が勝ち切っています。

今年のメンバーを見る限りはスローになることは濃厚。

ここ数年と同様の流れになるのではないかと思っています。

そして超長距離戦の特殊条件ということで適正を探ることは非常に難しいですが、基本的には2500m戦以上の重賞勝ちかもしくは特殊な条件でばかり勝っている馬や根幹距離戦で負け続けてなかなか条件戦から上がれないようなタイプを狙うのが面白い。

特にオープンにあがって全く勝てないような馬は逆に面白い存在になることがあります。

通年で行われるようなレースでは勝てない=適正が違うところにある馬がこういう特殊条件で一気にパフォーマンスをあげてくることが多々見られるのでこういった馬を探すことも面白いですね。

血統

長距離レースなので欧州型の長距離タイプやリヴァーマンを始めとするネヴァーベント系、さらにはノーザンテーストも好相性。これらの血を持っている馬は評価をあげておくべきでしょう。

ダイヤモンドステークス2019注目馬・穴馬

現時点で注目している馬はこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

東京2500m戦となる目黒記念勝ち馬。その後の重賞戦線では同舞台のアルゼンチン共和国杯で0.3秒差と好走はあるものの、2400m戦では全くいいところがなく敗れています。

東京2400と2500はたった100m差ですが、その適正はかなり異なっていて2500m戦はかなりのスタミナが要求されることが多いです。

つまりは2500m戦で好走していて2400m戦で凡走している本馬は長距離適正がかなり高いということになります。

血統を見ても父にトニービンとノーザンテーストを持ち母系の底にロベルトとダイヤモンドステークスを走るための下地は十分と思いますのでここは期待出来ると思います。

ただ、今年はまだ4勝と苦戦している鞍上がやや心配・・・

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

最後の勝利は1000万条件戦まで遡ることになります。

格上挑戦の重賞で賞金加算しているためオープン戦に出走していますが、基本的には通年で行われるようなレースからは適正が少しズレている馬と見て良いでしょう。

目黒記念や日経賞といった2500mの非根幹距離戦でややパフォーマンスがあがっていることと、何より過去にダイヤモンドステークス3着の実績があることを評価したい。

今年はやや低調なメンバー構成ですしリピート性がある重賞なので注目すべき馬だと思います。

以上でダイヤモンドステークス2019予想考察を終わります。

 

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-