競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【フェブラリーステークス2019・小倉大賞典2019】最終予想。本命と穴馬!

フェブラリーステークス2019、小倉大賞典2019予想です。

日曜は東京でGⅠフェブラリーステークス2019が、小倉ではGⅢ小倉大賞典2019が開催されます。

今年最初の中央GⅠで尚且つ藤田騎手が騎乗するということで大きな注目が集まっているフェブラリーステークス。

非常に面白いメンバーが揃いましたしとても楽しみです。

土曜日は京都牝馬ステークスで◎アマルフィコースト、ダイヤモンドステークスで◎サンデームーティエとしていたのですが、しっかりと的中したのはダイヤモンドステークスのみ。

京都牝馬は勝ち馬が抜けてしまったのでワイドのみとかなり残念な結果となってしまいました。

ただ、非常に良い流れが来ていると思いますし、日曜はしっかり的中させたいところです。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
編集部が身銭を切って厳選した競馬予想!【競馬最強の法則WEB】

人気予想家の推奨買い目は!?
今なら、無料登録で【馬券投資ソフトの攻略法】がもらえる!!


スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速予想に入りましょう。

フェブラリーステークス2019本命と穴馬

東京ダートは先週程に差し優位な馬場ではなくなっています。

ほぼフラットで良いかと思いますので例年通りの馬場と見て良いかと思います。

ただ、時計はややかかっており逃げ馬は馬券に絡むものの全く勝ち切れなかったことから、逃げタイプは苦しい。

血統的にはロベルトが活躍。ロベルト系の馬はちょっと評価を上げておいて良いかと思っています。

ここはインティをどうとるかが焦点だと思っているのですが、基本的には足抜き良い馬場なら東京ダートマイルはケイムホームに合うのですが、今の馬場はマイナスだと思います。

初のマイルで初の輸送と初物づくしにかかわらずの1番人気。ここは連対したら仕方ないとしれ△以下での評価とするつもりです。

すなわちインティが3着以内でも的中し尚且つ連対を外せばそれないに配当が取れる買い方をしたいと思っています。

では本命ですがこの馬でいこうと思います。

オメガパフューム

ゲートは正直そこまで上手くないので大外枠で横にゲート遅いノンコノユメがいることは良いですね。

東京ダートの経験がある点と芝スタート戦を経験している点も良いですね。

インティがどこまでのペースで逃げるかになりますが、そこまでのハイペースで逃げるとは思えませんので追走にとんでもなく苦労することにはならないと思います。

追えばしっかり伸びて来るタイプなので最後はしっかりと差し込んでくるはず。勝ち負けを期待したいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングE

土曜の1600mダートで2勝したロベルト系ですね。

東京ダート1600mではまだ馬券内を外したことはなく久々の舞台になりますが適正はあると思っています。

インティを追いかける2~3番手追走になるかと思いますが、インティを交わした上で粘り込むならこの馬だと思います。

5番人気前後で買えるならここは積極的に買いたいですね。

以下、相手候補にノンコノユメ・ゴールドドリーム

△候補にクインズサターン・コパノキッキング・サンライズノヴァ・インティとしておきます。

ワイド本線に馬連馬単とふっていきたいですね。

以上でフェブラリーステークス2019予想を終わります。

小倉大賞典2019本命と穴馬

土曜の競馬を見る限り、小倉芝はまだまだ内がしっかり伸びています。

中距離戦では内枠と先行勢が優位なことに間違いないと思いますし、過去の傾向通りに内枠と先行馬を上位に評価していきたいと思います。

血統としてはグレイソヴリンに注目しています。小倉大賞典はなかなかにタフなレースになる事が多く、持続力といえばのグレイソブリン系ですね。

内枠・先行・グレイソヴリンと3つを兼ね備えたこの馬が本命です。

タニノフランケル

同舞台での逃げ切り勝ちの経験を持っています。

ここ数戦は4角2番手以内をしっかりと取っており、前に行ける脚が武器となります。

サイモンラムセスはそこまでテンに速い馬ではないのでそこまで競らずに好位もしくはハナが取れると思っています。

4角先頭で馬券を外したのはわずかに1度。行ききれば非常にしぶとい馬ですね。

母父母はグレイソブリン系ですし、父フランケルと持続力が必要な舞台でこその血統背景。

鞍上に地元川田騎手を迎えて必勝態勢でしょう。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

ここも内枠を取った馬から。

この馬は小倉1800mと非常に相性がよくまだ連対を外していません。

小倉大賞典ではキレないディープ産駒が度々穴をあけており、舞台適正高い本馬に今年は注目してみたいと思います。

母父ロベルト母母父はニジンスキー系ということで持続力の塊のような血統背景。

好位のインからのチョイ差しで上位進出を期待してみたいですね。

以下、相手候補にエアアンセム・マイスタイル

△候補にブラックスピネル・スティッフィリオ・スズカディープ・ケイティクレバーと手広く押さえてみたいと思います。

以上で小倉大賞典2019予想を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞
-