競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018】週中予想考察。注目馬・穴馬は?

阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想考察です。

阪神芝1600mで行われるGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ2018

今年はダノンファンタジー・シェーングランツらが登録しています。

グランアレグリアが朝日杯に回りましたがそれでも2歳女王を決めるにはふさわしいメンバーが揃いました。

ここを制して春のクラシック戦線の主役へと躍り出るのはどの馬になるのか。

注目の集まるGⅠですね。

個人的には先週これでもかというくらい当たらなかったので今週は気持ちを切り替えて頑張りたいと思っています。

PR

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
競馬サイトが多数乱立するなか・・・
本物の予想・本物の情報筋・本物の的中に最も信頼を寄せられる競馬界歴代最高峰の人物とは?

その人物とは故「大川慶次郎」氏です。

「競馬の神様」とも呼ばれ1日12レースのパーフェクト的中は伝説です。



◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察に入りましょう。

前傾ラップ・グレイソヴリン・アメリカダート血統に注目

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

その年を代表するようなそうそうたるメンバーが揃っていますね。

桜花賞と同条件で行われるので、来年のクラシックを占う上でも非常に重要なレースとなります。

脚質的には差し馬3勝・先行馬2勝となっていますが、先行馬の2勝はどちらも1番人気。

ソウルスターリング・メジャーエンブレムのような強力な先行馬でないと厳しいということが分かります。

これはラップにも関係しているように思いますが、過去5年のラップは昨年以外が前半の速い前傾ラップでした。

このレースに参戦してくる馬は番組編成上どうしても短距離路線からの距離延長馬が多数となります。

その結果、前半が速くなるラップとなり上りがかかりやすいレースとなるわけですね。

こうなると距離延長組には苦しいレースになることは明白で、過去5年では同距離もしくは距離短縮組が4勝2着5回と活躍中です。

1400mからの延長組は1勝のみで3着に3頭送り出していますが、(1200m組は好走がありません)この4頭には直線の長いコースでの1600m勝利実績もしくは重賞での連対実績がありました。

1600mでも走れる下地があるか若しくは短距離路線で上位の実績を残していた馬しか距離延長には対応困難であるということがわかります。

1600m組ではアルテミスステークス組が他を圧倒しています。

アルテミスステークス連対馬は高確率で馬券に絡んで来ており連対率も非常に優秀。

東京1600mはこの時期の牝馬にはタフな舞台設定なので、ここで好走出来る能力はそのまま世代上位と見て良いということでしょう。

血統

まずグレイソヴリン系に注目したいです。

ここ数年は毎年のようにグレイソヴリンの血を持つ馬が好走を続けています。

前傾ラップになりやすいということでグレイソブリンの持続力が良いということでしょう。

次に注目はアメリカ血統ですね。

母系にアメリカダート血統を持っている馬の好走も目立ちます。

この2系統の血統には注目しておきたいと思います。

阪神ジュベナイルフィリーズ2018注目馬・穴馬

人気にはなりますがこの馬は外せないと思っています。

人気ブログランキングA

直線の長いコースでのマイル実績と重賞実績を持ち、血統的にもグレイソヴリン系を持っています。

最近お得意となっているノーザンFの使い分けで前走は1400mに出走していますが、問題にならないと思います。

このメンバーなら間違いなく上位と見ます。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

抽選対象馬ですが、母系にアメリカダート血統とグレイソブリンを持っており、非常に面白い1頭だと思います。

前走は向こう正面で手綱を引くロス。さらに直線は前を塞がれて馬郡に揉まれながらも最後はしっかり伸びて来るという内容でした。

スムーズに走ればもう少し着順良かったように思えますし、抽選突破すれば・・・

以上で阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-